うまくいかないことは、その人に与えられた重要な人生のワークなので、喜んで受け取りましょう

うまくいかないことは、喜んで受け取り、楽しむといいですよ!

隣の芝生は、青く見える・・・

The grass is always greener on the other side.

そうなんです。他人は、なんとなく、よく見えるもの・・・それに比べて・・と時々、がっかりしたり・・ドヨ~ンと思ってしまうことがありますね・・

うまくいかないことも、ときどき、とか、よく、やってきます。本当に・・

でも、すべてがうまくいっていたら、課題、ワークがないじゃないですか!!

やらなければならないワークが来たんですよ・・喜びましょう! 受け取りましょう!

このように考えるのがいいのだと思います。

このうまくいかないことを克服するための課題、ワークに取り組んでいる時間を楽しむのです。

焦ってしまう必要はありません。カメのごとく、進んでいけばよいのです。

うまくいかないことを早く仕上げる必要もないのです。うまくいかないことから、何かを学びながら、楽しめばよいのです。

ただ、うまくいくこと、成功することがよしとされている世の中だけなんです!

うまくいっている人を持ち上げたり、成功している人を褒め称えたりしている・・・そんなシーンがよくありますね・・

受験合格体験記とか・・こうやって、成功しましたとか・・

たぶん、失敗している人の方が多いと思うんですね・・失敗体験記とか、こうやって、失敗しましたとか・・そういうのが、実は見たいですよね・・

また、成功=善、 失敗=悪  みたいな構図もありませんか?

こんな構図があれば、失敗は、悪いことで、怖いことになってしまいます。

実は、こういう暗黙の了解が、小さいころから、子供さんにも、植え付けられていませんか?

だから、なんでも、苦しくなるのです。つまらなくなるのです。

オーストラリアの小学校卒業式の全員の歌がボロボロ~だった話!

日本の小学校、中学校でも、卒業式の歌とか・・みんな真剣に練習して、スゴイまとまっていませんか?感動するくらいに・・

息子が通学していたオーストラリアの小学校の卒業式の全員の歌は、練習したのが、2回ぐらいらしく、笑ってしまうくらい、ボロボロ~グチャグチャ~で、本当に笑えましたというか、微笑ましかったです。

この呑気で楽天的なオージー感覚、いいかげんさがおもしろかったのです。リラックスしすぎなんです。

息子は、3年間のオーストラリア親子留学で学んでいます。

人生は、楽しむもの・・・楽しまなければね・・・

 

うまくいかなくても、うまくいっても、関係ないのです! そのとき、どれくらい楽しんだか・・が、大事なのです。

日本では、うまくいかないことに敏感になりすぎだと思います。・・と息子もいっています。

うまくいかなくても、別にいいじゃない?

課題、ワークをこなしていけば、次は、うまくいきますからね・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。