CATEGORY ドイツ

親子留学

ドイツ親子留学、ベルリンが世界の中心になる! インターネットは、シリコンバレーからベルリンへ移行の時代!

本日、教育熱心なお父さまと、スポットアドバイスを行いました。 お父さま曰く、これから、ベルリンが世界の中心になる・・と思いますので・・・子供をベルリンの学校で学ばせたいと・・。 直感・直観の良い、教育熱心なお父さまでいら…

親子留学

小学校からのドイツ親子留学がおすすめ。12歳以上は、英語圏での親子留学からドイツ親子留学へが望ましい理由

以前、小学校からのドイツ親子留学がおすすめであるという記事を書きました。 小学校留学がおすすめ。ドイツ親子留学を6歳、8歳、10歳、12歳を比較してみました 12歳以上ですと、英語でコミュニケーションできないと、ウェルカ…

親子留学

ドイツ親子留学は大変だけど、進む価値はあるのでしょうか? お母さんが挑戦する価値はあるのでしょうか?

ドイツ親子留学は、年々、厳しくなってきています。これは、まず、現状としてお伝えしておかなければいけないのです。 3年前は、お母さんなら、誰でもできるのではないか・・・と思いました。家賃は10万以内でできましたし、語学学校…

親子留学

2019年のドイツ親子留学の準備がはじまりました。早め準備でビザ更新についても万全の対策をしていきましょう。

もう小学校も卒業式などが終了したころでしょうか・・・。 2019年度のためのドイツ親子留学の準備も始まりました。今後は、ビザ更新までを踏まえて、ドイツ親子留学の準備を万全にしてまいりますので、最低10か月以上の準備期間が…

親子留学

ベルリン生活。いまどきのティーンエイジャー。男子の家に女子2人がお泊まりにくるなんて!?

現在、我が家には、女子2名がお泊まりにきております。 今、日曜日の朝ですが、私は、昨日から部屋にこそこそと隠れております。 日中に遊びに来て、夜に帰ってくれる方がこちらとしてはいいのですが、夕方から夜にかけてやってきて、…

親子留学

ドイツの学校の保護者会に参加して。なぜ、ベルリンの学校は、ギムナジウムとゼクンダールシューレに分かれるのか?

息子のギムナジウム10年生の保護者会に参加いたしました。夜19時半からはじまりです。働いているお父さんもお母さんも参加できるようになっています。 私は、いつも30分くらい早めに到着する習慣というか、くせがありますので、日…

親子留学

ドイツの学校は大事だけれど、学校に頼らない、学校は通過地点に過ぎないことを子供に伝授すること

ドイツの学校、息子が通学しているベルリンのギムナジウムは、 今まで息子が通学していた日本の首都圏の国立附属、オーストラリアの学校、私が今まで経験した私立カトリックの中高一貫の女子校、妹が通学していた私立の芸能人もたくさん…