ご確認お願い致しますの非常に丁寧な英語表現は、覚えてしまおう!

  ご確認お願いは致します・・は、英語で,     I kindly ask for your confirmation.

 

ご確認お願い致します・・・この表現は、よく使いますよね。メールで頻繁に使いますので、この表現は、覚えておいた方がいいですね。

 

I kindly ask for your confirmation.

 

ポイントは、kindly  ですね。日本語的に考えると、???になりますので、フレーズとして、覚えてしまうのが、いいです。

ここに、kindly   をつけることで、ぐっと、敬語的な丁寧なフレーズになります。

私も大家さんにメールをするときは、このフレーズをいつも使っています。

 

丁寧な表現として、

Could you confirm the documents?

書類を確認していただけますか?

Could you check the documents ?

書類をチェックしていただけますか?

(confirm は、大切なときに、check は、ちょっとした確認の時に使います)

などもありますが、ちょっと他の方と差をつけて、スルーされないためにも、

 

I kindly ask for your confirmation.

こちらのフレーズをおすすめいたします。

 

kindly   は、please   と同じで、どうかお願いいたします・・という表現になりますので、

あまりに、please, please  で嫌だなと思った時は、kindly を使ってみてくださいね。

Please からはじまるフレーズや、Could you・・? Would you・・? などの丁寧な表現より、ワンランク上の表現として覚えておいてくださいね。

少しかしこまった表現かもしれませんが、日本人として、このぐらいのフレーズが必要かなと思います。

外国人からみて、おっ! これは、スルーできないぞ・・と思わせるような文章を書いていくことも大事ですね。

ちょっと耳にしたことですが、日本人の方は、ご確認お願いします・・・確認、確認とやたら使うということです。

こんなことも、ちょっと心にとめておくといいかもしれないですね。

日本人の国民性と、西洋人、英語を使う方たちとの温度差・・というのも、だんだんとわかっていきたいものです。

どちらがいいとか、悪いとか、英語的に自然かどうか・・というより、英語を母国語とする方でも、アメリカ、イギリス、オセアニア地域、東南アジアなど、いろいろですので、その国の方にあわせて、

そして、言葉というものは生きていますので、時代によってもかわっていきますので、ニュアンスとして捉えていくといいですね。

kindly   という英単語は、そのような点で、日本人と英語を母国語とする方との違いを考える上においても、代表的な言葉の1つだと思います。

私の考えでは、英語を使うにしても、言葉を超える・・・こんな点が大事ですね!

こちらも参考に・・

ラク英語でフレーズを1つ覚えて英語を学ぼう!

 

よろしくお願い致します、敬具などを英語では?

これは、

Best regards,     または、Kind regards    ですね。  

Regards,  だけでもいいのですが、やはり、丁寧に書いたほうが、メールではいいでしょう。

こちらも参考に・・・

英語で挨拶 ラク英語より

 

本当にありがとうございます・・と心を込めて感謝するときの英語表現は?

 

Thank you so much!   になります。 so much になるところが、ポイントですね。

Thank you very much  より、Thank you so much  の方が本当に、本当にありがとう~になるんですね・・丁寧で、心がこもっています。

参考に。。。

最高な感謝の表現、心がこもった『ありがとう』を英語で使おう! ラク英語より

 

女性がよく使う、Amazing!  とは?

 

オーストラリアでも、女性やお母さんがよく使う言葉で、

Amazing!  があります。素晴らし~い。感激! です。

It’s amazing!   などと使います。

他に、Awesome !  最高、すごいじゃん!の意味です。

参考に・・

すぐに使える簡単フレーズ ラク英語より

 

息子が使っている、英語 チョイ悪!言葉とは?

 

What a heck!        なんてこった!  ワッタ~ヘック!

Holy crap!        ゲ~!  ワ~! ホーリー クラップ!

 

日本人が使う英語表現もだんだんとレベルアップして、進化していきたい・・

 

令和の時代になりますので、日本人が使う英語表現もだんだんとレベルアップして、進化していきたいものです。

まずは、フレーズをたくさん覚えることと、できたら、類義語から、ボキャブラリーを増やしていきたいですね。

今の時代は、検索できますので、検索をする、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムでも英語のサイトを見るなどをして、広げていくのが良いかと思います。

 

「ご遠慮なくご質問ください」の丁寧な英語表現は今すぐに覚えてしまおう!

2017年6月17日

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。