賢いお母さんより、新しい世界へ

日本の女性は、世界から見ると素晴らしい女性、賢い女性、家族を大切にする女性が多いと思う。

賢いお母さんほど、子供の教育にも熱心である。

しかし、以下の3つの~すぎに陥っていると思う。

  1. 考えすぎ
  2. 日本のご主人に尽くしすぎ
  3. 頑張りすぎ

1.の考えすぎを感じることは、

一般常識にあまりにもこだわるあまりに、踏み出すことに、臆病になっていること。どうせできないと思っていること。年齢にとらわれていること。(親子留学や留学などから、感じます。)

2.の日本のご主人に尽くしすぎは、

昨日の歌舞伎の奥様の件でも感じるのですが、日本の奥さんは、ご主人の親の役目、妻の役目、家政婦の役目すべてを背負っているということ。

奥さんは、本当は、マダムであればいいだけで、家政婦でもないし、ご主人の親でもない。

インドネシアに滞在していた時に体験しましたが、

インドネシアでは、普通の家庭でも子守りがいて、家政婦がいて、運転手がいる。奥さんは、マダムであり、かいがいしくご主人の世話をする必要はないのです!日本の奥さんは、尽くしすぎです。

それが、普通だと思っています。ご主人の側もそれが普通だと思っています。ご主人のためを思って、毎日食事を作る必要もないのです。どちらかというと、女性の方が、環境汚染などにも弱いのではないかと思います。

3.の頑張りすぎは、

いろいろな面で感じます。女性は素敵でなければいけない、美しくなければいけない、食事もしっかり作らなければいけない、子供もしっかり育てなければいけない、家もきれいにしなければいけない、

日本の女性は特に、そう思っているのではないかと、感じています。良妻賢母をまだ、ひきずっているのでしょうか?

もっと、女性が自由に楽に子育てできる社会になることを望みます。

海外で新しい世界へ

そのためにも、海外へ一歩踏み出して、考えてみることも必要です。親子留学や移住をきっかけとして、新しい世界に踏み込んでみてください。

女性が生きることは、もっと自由である、働き方も意見をいうことももっと主体的で自由である、空気を読んだり、まわりを気にしなくてもいいという感覚が身についてきます。

海外親子留学生活6年目でわかった大事な5つのこと

2016.05.07

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。