ドイツベルリンが出てくる映画を親子で冬休みに鑑賞すると、ベルリンがぐっと身近になりますね

ドイツベルリンを舞台とした映画で、お奨めの映画を3つ紹介します!

ドイツベルリンを舞台とした映画は?と聞かれると、私は、古いので、1987年に公開された、「ベルリン天使の詩」(ヴィム・ヴェンダース監督)を思い浮かべますが・・

観に行きましたね・・当時、日比谷シャンテの隣の映画館に・・そう、日比谷シャンテも当時、できて間もない頃です・・

アメリカ系の映画ではなく、ヨーロッパ人が好みそうな感じの映画です。まだ、ベルリンの壁があり、東西ベルリンに分かれていた時代の映画です。

ベルリン・天使の詩』(: Der Himmel über Berlin, : Wings of Desire, : Les Ailes du désir)は、1987年公開のフランス西ドイツ合作映画。ファンタジー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ、アート系映画。ヴィム・ヴェンダース監督。

出典:ウィキペディア ベルリン・天使の詩

 

しかし、今の若い方に、おすすめのベルリンが舞台の映画は、次の3つになります。映画好きの息子がお奨めしてくれました。

1.アンノウン

アンノウン』(原題:Unknown)は、2011年のアメリカサスペンス映画である。ディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『Out of My Head』[3]を、スティーヴン・コーンウェルオリヴァー・ブッチャーが脚本化し、ジャウム・コレット=セラが監督した。

出典:ウィキペディア アンノウン

2.ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイ』(Bridge of Spies)は、スティーヴン・スピルバーグ監督、マット・チャーマン英語版及びコーエン兄弟脚本による2015年のアメリカ合衆国の歴史伝記ドラマ英語版政治英語版アクション戦争スパイ英語版スリラー映画である。出演はトム・ハンクスマーク・ライランスエイミー・ライアンアラン・アルダらであり、U-2撃墜事件ソ連の捕虜となったフランシス・ゲイリー・パワーズの解放のために動く弁護士のジェームズ・ドノヴァン(ハンクス)が中心に描かれる[4]

題名の『ブリッジ・オブ・スパイ』とはスパイ交換が行われたグリーニッケ橋を指す。

撮影は『St. James Place』というワーキングタイトルで2014年9月8日よりニューヨーク市ブルックリン区で始まった。北アメリカではタッチストーン・ピクチャーズ、それ以外では20世紀フォックスの配給により公開される。

出典:ウィキペディア ブリッジ・オブ・スパイ

3.ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー』(: The Bourne Supremacy)は、2004年公開のアメリカ映画。『ボーン・アイデンティティー』の続編。ロバート・ラドラムのベストセラーとなったスパイ・スリラー小説『殺戮のオデッセイ』の映画化。続編は『ボーン・アルティメイタム』。

出典:ウィキペディア ボーン・スプレマシー

最後のボーン・スプレマシーでは、ベルリンのアレクサンダープラッツや、その近辺のトラムが出てきますので、ベルリンの様子がよくわかりますね・・

ドイツベルリンに滞在することの醍醐味とは?

ドイツでも、南の方のミュンヘン、スイスに近い山岳地帯、フランス国境に近い街、ベルギーやオランダに近い西側など、たくさんの都市がありますが、

ベルリンといえば、東側の雰囲気。以前は、西ベルリンだけ、離れ小島のように、東ドイツに存在していたのですから・・

そして、1989年のドイツ統一まで、ベルリンの壁で東西ベルリンが分断されていたことを感じさせる雰囲気があること。

それは、歴史が激動していく様子を身に染みて感じられる場所でもあります。

現在は、移民や難民がたくさんベルリンにも移住してきていますので、中東系の方、ロシア系の方が非常に多いということからもわかります。

また、ベルリンは、ドイツの首都ですので、しかし、東京のような首都の雰囲気ではなく、

東京の首都の雰囲気から、金融的な雰囲気を取り除いた、もっと自由で、クリエイティブな感じになります。

ベルリンで好きな場所といえば、ベルリン大聖堂シュプレー川と、ベルリンの南の湖のあたり、グリューネバルト近辺、あとは、クーダム通りになります。

それなりの都市機能と湖や森、公園がたくさんあるところが、ベルリンの良さであり、醍醐味です。

本屋のデパート、ドウスマン、ベルリンの旧西ドイツの象徴であるデパートといわれるカーデーヴェーベルリンフィルハーモニーがあるところも、文化的な要素であり、楽しむことができます。

(オーストラリアのケアンズから来ましたので、ケアンズには、本屋のデパートも、コンサートホールもなく、海と椰子の木と熱帯雨林で、頭がパラダイスしていましたので、なおさらなんです・・)

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。