ドイツ・ベルリン生活 ご近所の荷物をあづかる毎日!?

ドイツベルリンでも新学期になり、日常生活が戻ってきまして・・

私もブログ書きに専念する毎日をすごしておりますので、結構、家におります。

 

ドイツ・ベルリン生活、ご近所の荷物をあづかる毎日!?

 

息子の下校時間も早く、14時、15時くらいには、帰宅しますので、

14時半ごろにピンポーン!となると、帰ってきたな・・と思い、開けてしまいます・・。

すると、昨日のことですが、なんと、荷物を3つ、4つ抱えた配達人の方が・・・目の前に・・。

ご近所の荷物・・あづかってくれますか? 3人分だけど、いい??

と聞いてきました。え・・3人も・・と思うけれど、仕方がないですよね・・。

まあ、玄関のこのあたりにおいて・・というしかないわけなのです。

ドイツでは、日本のように宅配ボックスという便利なものがあるわけではなく、

ご近所が家にいれば、ご近所にあづけて、誰もいなければ、郵便局に置くか、

再配達を依頼するか・・どこか近くのタバコ屋さんのようなお店にあづけるか・・

そんな選択肢のようです。

またまた、本日も1つあづかりまして・・・。

息子曰く、また、あづかったの??? また、開けてしまいました・・。

ご近所さん、隣とか上とか下の方とか、どんだけ、宅配を頼んでいるのか・・

もう何を頼んでいるのか・・とかマーケティング・リサーチでもしようかな・・。

もうこうなったら、毎日あづかって、ご近所と交流しようかな・・。

物は考えようです。

昨日は、アマゾンプライムとかの箱でしたので、何を購入しているのか・・など

興味がありますが・・。

(息子にアマゾンプライムって何?と聞いたところ、普通より早く配達されるとか・・

こんなことをしているから、仕事をしている方が大変なんですよね・・)

オンラインで注文して購入する方がお店で購入より安いせいか、年々、増えていますよね。

しかし、日本でもそうですが、宅配関連の仕事は、ブラックとも言われています。

便利だけれど、仕事に関係する方は大変ですよね。

しかし、ベルリンで配達している方は、のんびりとしていますけどね。

だからですね。ときどき、紛失もあるとか・・。

日本はうるさくて、なくしたら、責任問題とかいわれて、

なんか、くろねこ・・さんの配達の人たちも、大変そうな雰囲気だったことを

記憶しています。

私は、よほどのことでないと、宅配は、しない方が・・と思うのですが・・。

 

便利な世の中に慣れてはいけない!?

 

日本にいるときは、たいしたことをしていないのに、

やたら、毎日が忙しく感じていましたので、便利が一番と思っていました。

しかし、ドイツのベルリンで3年以上生活してみて、そして、オーストラリアの

ケアンズでもあまり便利でない生活をしてみて、

便利な生活をしてはいけない・・と思うようになったのです。

できるならば、少し不便な生活でもよしとする・・。

買い物は、毎日歩いていく、簡単に外食はしない、

うまくいかない、スムーズにいかないことを楽しむ・・

こんな生活こそがいいのでは・・・と思ったのです。

なんでも便利で、スムーズで、ちょっとでも不便で待つのはいやだ・・

こんな感覚になってしまったら、おそろしいではないですか・・。

もちろん、電子レンジはいらないですし、ルンバもいらないです。

包丁1本で十分ですし、ちょこちょこ掃除すればいいだけですので。

足を動かす、身体を動かすことが、不便なことをすることで、実行できます。

買い物もオンラインではなく、できたら、お店に行って、買った方がより良いですね。

便利な世の中・・・をちょっと振り返ってみるきっかけになればと思います。

もしよければ、ほっこり母親学のサイトもどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。