ドイツベルリンの薬局でウィルヘルム・シュスラー博士のティッシュソルト(生命組織塩)12種類を購入してみた

ドイツベルリンの薬局でドイツのホメオパシー医であったウィルヘィム・シュスラー博士のティッシュソルト(生命組織塩)12種類を購入

ドイツの薬局では、サプリメントとして、ホメオパシー医であった、

ウィルヘルム・ハインリッヒ・シュスラー博士(1821-1998)が開発した12種類のティッシュソルト(生命組織塩)を購入することができます。

今回、シュスラー博士のティッシュソルト(生命組織塩)が安くなっていましたので、12種類購入することにしました。

こちらは、ドイツのDHUというホメオパシーの製薬会社の製品です。

ティッシュソルト(生命組織塩)とは、ホメオパシー版栄養サポートを意味します。

つまり、ティッシュソルト(生命組織塩)とは、人間の身体に重要な無機塩のことです。

身体に必要な無機塩は、金属元素と非金属元素があります。

金属元素として、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄があります。

非金属元素として、フッ素、ケイ素、リン、硫黄、塩素があります。

ウィルヘルム・ハインリッヒ・シュスラー博士の研究によると、

人間の身体の臓器や組織、体液、皮膚、結合組織、骨、神経組織などの

あらゆる部分に、上記の金属元素、非金属元素が存在しているとのことです。

だから、人間の体内の無機塩、つまり、金属元素、非金属元素のバランスが乱れることで、人間は、病気になると考えたのです。

ふ~む。素晴らしいではないですか…。

我が家には、思春期で成長期の息子がいますので、そして、現在、身体を作るべく、毎日、腕立て伏せを欠かさず、クールな上半身を目指していますので・・

12種類のティツシュソルト(生命組織塩)で、サポートして行こうと考えました。

ホメオパシーは、イギリスのエインズワース社のキットでも42種類ありますので、種類も多く大変ですが、

ティッシュソルトは、12種類ですので、わかりやすいですね。

ホメオパシー(漢字表記では同質療法[1]同種療法[1]: Homöopathie: homeopathy, homoeopathy、 homœopathy)とは、「その病気症状を起こしうる薬(やもの)を使って、その病気や症状を治すことができる」とする、18世紀末から19世紀初期にかけてザムエル・ハーネマンが唱えた実効性の無い民間療法、臨床医学観である[1]ホメオパチーとも。

ドイツ[編集]

ドイツでは過去に「特殊な治療の形態」として認識された時期もあったが、2004年よりホメオパシー治療はいくつかの例外を除き公的な健康保険では保障されなくなった。またホメオパシーは大学教育で、医学のトピックの一部としてドイツ民間療法のフィトセラピー人智学医学などと並んで取り扱われるだけで科学の一科目にはなっていない[3][80]

ホメオパシーのレメディーは医薬品とみなされている。薬局以外での販売は禁止されている[81]。2008年までは公的健康保険でも「医学カウンセリング」として、ホメオパシー受診時の長時間のカウンセリングに対して心理療法並みの保険点数が支払われたため旨味があったが、2008年春以降は一部をのぞき時間数はカウントされなくなった。薬剤については統合医療の枠内でも12歳以上の患者は自腹で支払わなくてはならない。私的健康保険では相変わらず保険対象としているところも多い[82]

出典:ウィキペディア ホメオパシー

シュスラー博士の12種類のティツシュソルト(生命組織塩)

  1. カルク・フロアー Cal-f  かに座
  2. カルク・フォス Cal-p  山羊座
  3. ファーラン・フォス Ferr-p うお座
  4. ケーライ・ミュア Kali-m ふたご座
  5. ケーライ・フォス Kali-p おひつじ座
  6. ケーライ・ソーファー Kali-s おとめ座
  7. マグ・フォス Mag-p しし座
  8. ネイチュア・ミュア Nat-m みずがめ座
  9. ナット・フォス Nat-p てんびん座
  10. ナット・ソーファー Nat-s おうし座
  11. シリカ Silica いて座
  12. カルク・ソーファー Cal-s さそり座

この12種類は、自分の生まれた星座にも対応していて、対応するティツシュソルトは、生まれつき不足しやすいそうですよ。

興味深いですね。

ドイツの薬局を上手に賢く利用する方法

ドイツの薬局、アポテーケは、どこにでもあります。

ドイツの薬局は、相談窓口にもなっていて、地域の医者を紹介してくれます。

ですので、何かあったら、いろいろと尋ねてみることをお奨めします。

ドイツ人は、具合が悪いと、まず、医者に行かずに、薬局へ行って、薬やハーブティーなどを処方してもらいます。

それでも治らなければ、医者へ行くのです。

ホメオパシーを購入したい場合は、自分で調べて、選んでいかないと、どれが必要ですか?と尋ねられます。

症状から選んでくれないのです。

ホメオパシーは、基本なものが42種類くらいありますので、これを調べなくてはいけません。

イギリスのバッチのフラワーエッセンスも、自分で選んだものを言うと、奥から出してきてくれます。

フラワーエッセンスも38種類ありますので、自分に合うものを選ばなくてはいけません。

自分でインターネットで調べてから、購入するといいですね。

バッチのレスキューシリーズのものは、薬局の見えるところに売っています。

実は、薬局には、もっといろいろなモノが売っていると思います。

前面には出ていませんので、ほしいものがあれば、尋ねてみることをお奨めします。

ホメオパシーの42種類(マテリカメディカによる)

  1. アコナイト
  2. アリウム・セパ
  3. アンティモ・タート
  4. エイピス
  5. アージ・ニット
  6. アーニカ
  7. アルセニカム・アルブ
  8. ベラドンナ
  9. ブライオニア
  10. カルクカーブ
  11. カレンデユラ
  12. カンサリス
  13. カーボベジ
  14. カモミラ
  15. チャイナ
  16. コキュラス
  17. ドロセラ
  18. ユーファラシア
  19. ファーラン・フォス
  20. ジェルセニウム
  21. ヘパ・ソーファー
  22. ハイペリカム
  23. イグナシア
  24. イペカック
  25. カーリ・ビッチ
  26. ラカシス
  27. リーダム
  28. ライコポディウム
  29. マグ・フォス
  30. マーキュリー・ソル
  31. ミックス・ポレン
  32. ナット・ムール
  33. ナックス・ボミカ
  34. パッシフローラ
  35. フォスフォラス
  36. プルサティーラ
  37. ラストツクス
  38. ルータ
  39. シーピア
  40. シリカ
  41. スタフイサグリア
  42. サルファー

バッチのフラワーエッセンス38種類

  1. アグリモニー
  2. アスペン
  3. ビーチ
  4. セントーリー
  5. セラトー
  6. チェリープラム
  7. チェットナットバット
  8. チコリ
  9. クレマチス
  10. クラブアップル
  11. エルム
  12. ゲンチアナ
  13. ゴース
  14. ヘザー
  15. ホリー
  16. ハニーサックル
  17. ホーンビーム
  18. インパチェンス
  19. ラーチ
  20. ミムラス
  21. マスタード
  22. オーク
  23. オリーブ
  24. パイン
  25. レッドチェストナット
  26. ロックローズ
  27. ロックウオーター
  28. スクレランサス
  29. スターオブベツレヘム
  30. スウィートチェストナット
  31. バーベイン
  32. バイン
  33. ウオルナット
  34. ウオーターバイオレット
  35. ホワイトチェストナット
  36. ワイルドオート
  37. ワイルドローズ
  38. ウィロウ

ホメオパシーの42種類は、ほとんど覚えているのですが、フラワーエッセンスの38種類は、あまり使っていないので、覚えられませんね・・・

でも、どんな時に、どれを使うなど、私はいろいろと楽しく選んでいますが、どうでしょうか・・・

バッチフラワーレメディ(Bach flower remedies)は、植物の持つ、「人の感情に作用する性質」を水を媒介として情報として身体に取り込むことにより、ネガティブな感情状態の改善を図るシステムで、1936年に死去したイギリスの医学者エドワードバッチ博士(Edward Bach)が作り上げた自然療法薬である。

医薬品のように身体的な病気や症状に直接作用するものではないと言われているが、元々はレメディ=治療薬として設計されており、服用の継続で、自律神経機能が調整されることが確認されたという症例報告が、医学雑誌「治療」2007年増刊号 Vol.89(南山堂)などに報告されている。日本では、薬事法との兼ね合いもあり、病気の治療を目的として使用することは推奨されていないが、全国で数十名の内科、心療内科、精神科の医師などにより、安全な代替療法として推奨されている。

出典:ウィキペディア バッチフラワー

自然療法の選び方

このような自然療法も、たくさんの種類があって、選ぶのに迷いますね。

私は、オーストラリアで、最初にホメオパシーに出会いました。

オーガニックショップ、GO VITA で売っていたので、何だろう??ということで、興味をそそられました。

しかし、どれを最初に選んで良いか??わからないですよね。

ですので、なんとなく、勘で、子供に良さそうなものを1つ選びました。

一番最初に選んだのが、カモミラです。

ハーブティーから、想像ができたからです。1つ選んでみると、そこから、興味が湧いてきますので、他も調べたくなるものです。

フラワーエッセンスも1つだけ、最初に選びました。ワイルドオートです。

子供の将来の選択によいかな・・というものでした。

これらは、みんな、家庭療法ですので、ドイツでは、本などを見ながら、選んでいるようです。

私は、1つ1つ、調べながら、集めていくのが、好きですが、どうでしょうか・・・

実際、ドイツでも薬局でホメオパシーを購入している方を見たことはありません。

やはり、どちらかというと、普通のクスリの方を購入している率が高いと思います。

しかし、本屋、図書館にいくと、自然療法の本がありますので、知っている方は、選択肢にあるという状態でしょう。

語学学校で一緒だった、ご主人がドイツ人のシンガポールのお母さんは、ホメオパシーのことを、え~?・・と少し疑っているのが、話の中でわかりました。

ドイツ人であっても、情報格差、自分の考え方、どこの情報を信じるかで、かなり違ってくるのですね。

価値観、世界観は、人それぞれですので、それによって、生活の質もちがってきますが、自分で選んだ道ですので、

その人なりの人生を自分で選択していることがよくわかります。

ドイツの重要な12のホメオパシー

ドイツの図書館で借りた、 ドイツの代替医療の本より、私がちょっと、メモしておいた、ドイツで言われている、重要な12のホメオパシーを挙げておきます。

  1. アコナイト
  2. エイピス
  3. アーニカ
  4. アーセニカム
  5. ベラドンナ
  6. カンサリス
  7. カモミラ
  8. シムシフーガ
  9. ハイペリカム
  10. ナックスボミカ
  11. フォスフォラス
  12. サルファー

最初から42種類も大変ですので、こちらの12種類から始めてみるのもいいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。