2017年のドイツ親子留学クライアントさんの情報と2018年のクライアントさんの予定について

2017年の春から今まで、そして、今年度最後は、12月26日にドイツベルリンにオーストラリアから到着されるお客様がいらっしゃいます。

そして、2018年の来年度は、2月から夏ぐらいまで、ドイツ親子留学に来られる方が今、家決めなどの準備しています。

家探しは、現在大変ですので、みなさん必死にさがしているところです。今、家探しを慣れておくと、今後、ドイツに住んでいくにも、役立ちますし、自力で探せるようになりますので、真剣に取り組んでほしいと思っています。

ブログを読んでくださっている方も、実際にドイツ親子留学でベルリンに来られた方が今、どのようにして進んでいるかなどを知りたいかと思いますので、書いてみたいと思います。

2017年にドイツ親子留学でベルリンに来られた方の状況

2017年の春にドイツ親子留学でベルリンに来られた方たちは、皆さん無事にビザ、滞在許可証を取得されて、進まれている状況です。

みなさま、ドイツ語の語学学校に午前中に通学されて、忙しく過ごしているとの報告を受けています。

秋頃にベルリンに到着された方たちは、2018年春のビサ、滞在許可証取得に向けて準備、奔走している状況です。

子供さんたちは、ビサ、滞在許可証取得より前に学校に通学をはじめています。

私は、みなさまがドイツ入りする前に、コーチングにて、書類の準備、家探しなどをしてきていますが、ドイツに入国した後、そして、2年後のビザ更新、その後永住権などまで、ずっとサポートしていく体制をとっています。

異国の地にお母さんと子供とやってきて、ちょっと聞きたいこと、万が一で連絡したいことなどがあるときなど、いつでも連絡が取れるという安心感は大切だと思うからです。

私は、みなさまより、少し前を歩いているだけですので、私の経験などをお役に立てていただきたいと思っています。もちろん、もう、自力で進めるわよ・・ほっておいて・・という方は、自由にすすめていってもいいわけです。

現在は、2017年にドイツ入りした方と、2018年にこれから来られる方との間で、スカイプのSNSで住む地域によって、2つのグループチームを作成しています。

この中で、お互いに連絡しあったり、情報交換をされたりしているようです。これらは、今後、ビザ取得、ビサ更新にかけて、有効的な繋がりになっていきます。

私からも、随時、必要と思われる情報を入れていっている状態です。

私はどちらかというと、日本のママ友系の集まり、日本的な軍団、集団・・などをよしと思わない方ですので、

このようなグループを作成したとしても、自由を基本として、強制しない、しかし、いざというときは、有効的で、協力できるという非常によい繋がりであるように・・との思いがあります。

日本でよくある、マウンティング、人に嫌味をいったり、仲間外れになんとなくしてみたり、村八分根性、いじめなど・・非常に忌み嫌っていますので、そして、あり得ないと思っていますので、

絶対にそんなこととは無縁なグループ作成をしていこうと考えています。

まず、ドイツ親子留学に進んでいる方で、そのような方は、皆無でして、

みなさん、どちらかというと、日本の狭いシステムがいやだ、日本的な受験や集団が嫌だ・・という方が進まれていますので。

2018年の春には、生後4か月から、13歳くらいまでのお子さまが来られます。

2018年の春には、生後4か月のお子さまもドイツにいらっしゃいます。

そして、6歳くらいで小学校入学に合わせて来られる方もたくさんこられます。

お母さんと子供さんだけでなく、家族移住の方もいらっしゃいます。

ドイツの公立の現地校ではなく、インターナショナルスクールに入学される方もいらっしゃいます。

ベルリン以外のドイツの都市を希望されている方もいらっしゃいます。

そして、日本の大学の帰国生試験、帰国子女試験をめざして、ドイツ親子留学を綿密に計画されている方もいらっしゃいます。

その方の価値観、子供の将来設計で、ドイツ親子留学をいろいろと有効的に使っているのがよくわかります。

ドイツの滞在場所も、ベルリンに限定する必要もないと思います。

お子さまも、サッカーをされる子供さま、バレエをされるお子さま、音楽をされるお子さま、オーストラリアから来られるお子さま、オランダから来られたお子さま、台湾から来られるお子さま、ニュージーランドから来られるお子さま・・

日本の場所もいろいろで、北海道から九州まで、すべてです。意外にも、中部地方が多いのです。なぜでしょうか・・。

こんな感じで、みなさま、着実に進まれていますので、もし、お子さまが同じくらいの年齢でしたら、ぜひ、ご連絡していただければと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。