【必見】ドイツ親子留学、移住を希望する方へ

親子留学、留学、移住の言葉に問題がある!

私の経験からです。

最初、2011年にアメリカシアトルから、ドイツのゾーリンゲンにビザランしていたときです。ドイツに長期滞在をしたいと思い、調べていました。

普通は、ドイツ留学と検索しますね。すると、留学エージェントが出てきますので、そちらに質問しますね。私も質問しました。

”子どもをドイツに留学させたいのですが、親子で留学できますでしょうか?”

回答は、キッパリと ”残念ながら、できません。” でした。

しかし、現在、私と息子はドイツにいます。滞在許可証をとり、長期滞在しています。息子は学校(ギムナジウム)に通学しています。

ドイツ親子移住のためのビザを考察してみる!

2016.06.24

ドイツの大学は、総合大学と専門大学がある!

もうひとつ、問題があります。

ドイツの大学留学と検索すると、ドイツの総合大学は出てきますが、ドイツの専門大学が1つくらいしか、出てきません。

ドイツの大学は、日本の大学と少し異なります。ドイツの総合大学は、日本でいうと、大学院レベルなのです。ハイデルベルグ大学、ミュンヘン大学などは、日本と比べるなら、大学院レベルなのです。

ですので、日本の大学レベルは、ドイツの専門大学( Hochshule) になります。

よって、ドイツの総合大学に入学したい場合は、日本の大学卒業、もしくは、大学1~2年の修了あたりが必要になるのです。

ドイツの専門大学は、日本の大学レベルですので、学士が取得できます。

日本では、専門と言う名前が、専門学校をイメージするので、間違いが起こると思います。また、専門大学をイメージから、たいしたことないと思ってしまうことに間違いがあるのです。

ドイツでは何歳になっても、大学で学べる!?

2016.08.29

日本語で検索すると、大学の詳しい情報が手に入らない!

私も実際に、ドイツ留学で検索をかけてみました。どこまで調べることができるのか?と試してみましたが、

日本語で調べると、総合大学、専門大学の詳しいサイトにたどりつけません。英語で調べないとたどりつけないようです。

このような点も、ドイツ留学を難しく、困難にさせている点です。

ドイツ移住ですべての留学問題が解決する!ドイツ親子移住で子供の可能性を広げよう。

2016.06.10

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。