お母さんはドイツ移住に可能性を見出せ!

欧州移住、ドイツ移住にはまだ、チャンスがある!

欧州も国ごとに滞在許可証の要件が違い、こちら、ドイツでも州ごとに滞在許可証の要件が違います。ですので、実際に現地にいる専門家に、聞いてみるのが一番正しい情報になります。

ドイツ移住に関しても、現在、検索して出てくる以上の種類のビザ取得方法が実際に存在しています。

ベルリンでは、若い方たちが2つの滞在許可証について書いていますが、まだ、他にもあります。みなさん、自分に関係することしか、実際にわからないわけです。自分で経験したことしか、わかりません。

また、独身者のドイツビザ取得方法と、ドイツ親子移住での方法、家族でのドイツ移住の方法(子供あり、子供なし)が、すべて違ってきます。用意する書類も違ってきます。

ベルリンの公式サイトで、提出する書類が記載されていますが、実際、ドイツ親子移住の場合は、これ以外にも提出書類がありました。

いろいろ見ていくと、また、いろいろな人に聞いていくと、ある程度の決まりはあるものの、臨機応変に対応しているというのが、現状です。

お母さんたちは、可能性がありますので、ぜひ、チャレンジしてほしいものです。ドイツ人専門家によると、ぜひ、ドイツにたくさんいらしてくださいとのことでした。

ドイツ移住のビザの情報は、本当にカオス状態です!

ドイツで滞在許可証を取得するのは、外国人局なのですが、外国人局と大使館はつながっていません。つまり、ここで、情報が分断されているわけです。

そして、ビザというものも、州ごとに違うこと、そして、外国人局の担当者にまかされていることなどで、担当者によっても、厳しい、ユルイなどがあるのです。

ということで、いろいろな方がいるのだと検証してきました。

あともう1点の問題は、フリーランスの意味の捉え方になります。日本でのフリーランスの意味とも違うし、また、ドイツ的な捉え方があるのだと、わかってきました。

実際に、検索して出てくるのは、日本人の方が、日本的にとらえて、または、ほとんどの方がしている従来通りの捉え方で書かれています。

フリーランスとは何でしょうか? アーティストとは、何を意味するのでしょうか?  独立自営業(独立起業)とは何でしょうか?

これらのニュアンスの捉え方が、摩訶不思議な世界を広げるわけです。

このように考えていくと、ドイツ移住だけでなく、フランス移住、スウェーデン移住など、まだまだ、開拓する余地がありそうですね・・

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。