サービス紹介

子供の可能性を広げるために、1年、2年のドイツ親子留学から出発してみましょう!

 

親子留学をしたい、子供を海外の学校に行かせたいけれど、なかなか実現できない方も多くいらっしゃいます。資金の問題、語学の問題、家族の問題などなどが、壁になっているのではないでしょうか・・。

しかし、こんな言葉があります。子供時代に関わりがなかったことは、大人になって成功することはない・・・

つまり、子供の時代に多くの経験を積んで、見て、聞いて、感じて、関わりを持つことが重要であることがわかります。

我が家の経験から思うことは、子供の教育とは、子供自身が自分なりの自由な感覚を持ち、自分が進む道を自分なりに決定できること、そしてそれに満足できること、良い意味での自由で幸せな人になるための親の導き方だと思っています。タゴールが言っている、『ことりのように思いのままに歌え・・』なのです。

子供の可能性を広げるためにもですし、大人になって海外でも活躍できるチャンスを与えてあげたいものです。日本もこの先どうなるか・・20年後、30年後はわからない時代になるのは、必至だからです。

日本という当たり前の枠を超えて、自由に動ける環境を与えてあげること、10歳前後にはこれをするべきではないか・・と経験から思っています。なぜなら、思春期、ティーン時代は、脳の第2の爆発期とも言われているからです。この爆発期にこそ、2つの語学を習得する方法が有効的なのです。20歳以降の語学の習得とはまた違ってくると考えています。

我が家が経験してきた、10歳までは、日本語の確立、10歳から13歳までは英語の習得、14歳からは、ドイツ語の習得、この方法が良いと考えています。

我が家は、2011年から親子留学をはじめて、3年半のオーストラリア親子留学を経て、ドイツ親子留学も5年目になっています。合計で9年目の親子留学の道を進んでおります。

子供はあっという間に大きくなってしまいます。振り返れば、小学生のうちに、親子で海外で過ごしたことは、大変に貴重な財産であったと思っています。

まずは、1年、2年のドイツ親子留学から実現して、長期へとつなげていくことが賢い方法です。

  • インターナショナルスクールに通学をご希望の方
  • ドイツの現地校に通学をご希望の方
  • どの国、どのくらいの期間、留学適齢期を確実に決定したい方
  • ドイツ親子留学を確実に有効的に実現したい方
  • 英語、ドイツ語を子供に身につけさせたい方
  • 1年、2年のドイツ親子留学からはじめて、長期へと繋げたい方
  • お母さんが仕事をしながら海外へとつなげていきたい方

 

  • 英語圏の親子留学をご希望される方
  • 短期間の親子留学で効果的に留学効果を出したい方(添田式留学メソッド)
  • 親子で英語を学び、実力を伸ばしたい方

 

  • 海外の大学進学についてのご相談
  • 全般的な教育相談
  • 海外移住生活の全般的なご相談
  • ドイツ親子移住の第1歩を踏み出したい方
  • 英語圏の留学の第1歩を踏み出したい方
  • ウェブ起業を立ち上げたい方
  • 気軽に何回かアドバイス、ご相談を受けたい方
  • 親子留学全般についてご相談したい方
  • 英語教育についてご相談したい方
  • 子育てのご相談、お母さん自身のお悩み相談
  • その他、お悩み、お困りのすべてに対応