『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ドイツからの旅

モーツアルトのお母さんの生まれ故郷ザンクト・ギルゲンから、サウンド・オブ・ミュージックのロケ地であるザルツブルグへ

ザンクト・ウオルフガングでの休日を過ごした後は、バスで、ザルツブルグへと戻りました。

ザンクト・ヴォルフガングからモーツアルトのお母さんの生まれ故郷、ザンクト・ギルゲンを通り、サウンド・オブ・ミュージックのロケ地のザルツブルグへ

このような船がザンクト・ウオルフガングのストローブルからモーツアルトのお母さんの生まれ故郷であるザンクト・ギルゲンまで運航しています

本日も、質のよいヴァイセン・レッセルの朝ビュッフェを終えて、サンクト・ウオルフガングともお別れです

こんなコンサートの宣伝のポスターも・・。オーストリアらしいですね。オーストリアは、音楽とケーキだけが盛んで、チェコに工業を、ハンガリーに農業を任せた・・と言われる感じがします・・。

モーツアルトのお母さんの生まれ故郷、ザンクト・ギルゲンを通り、バス150にて、ザルツブルグヘ

本日の宿泊はリンツアーガッセ通りの、Hotel Stadtkrug です。古い歴史のあるホテルです。

あ、ブルーのモーツアルトチョコレートだ・・。

これ、笑えます!オーストリアにカンガルーはいません! これは、オーストラリアの交通標識にあるのです。

男性のオーストリアの民族衣装で、こういう、ロマンティツクな感じはいいな・・。でも日本人には、似合わなそう・・。

川沿いのホテルザッハーのザッハーカフェでオリジナルのザッハトルテでも食べましょうか・・。

ザルツブルグのホテルザッハーのオリジナルザッハトルテ。そんなに甘くないです。生クリームはいらないけれど、ちょっとだけ・・

1832年に、クレメンス・メッテルニヒに仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハーが考案した[注釈 1]。飽食した貴族たちのために新しいデザートを作れというメッテルニヒの要望に応えたものであった。ザッハトルテは大変に好評で、翌日にはウィーン中の話題になったという。当時はザッハーはまだ16歳で下級の料理人にすぎなかったが、ザッハトルテの成功から頭角を現した。ザッハトルテはフランツのスペシャリテ(特製料理)として好評を博しつづけた。後に次男のエドゥアルトがホテル・ザッハーを開業すると、ザッハトルテはそのレストランとカフェで提供された。

出典:ウィキペディア ザッハトルテ

夕暮れのホーエンザルツブルグ城。夕暮れの景色は、ブタペストの方が綺麗かな・・。

以前、ハンブルグでも、宙に浮いているパフォーマンスを見たけれど、これ、ど~なっているの??

この空中に浮くパフォーマンスの種明かしのユーチューブがありました。

 

手に秘密があったのですね。

小さなケーブルカーでホーエンザルツブルグ城に登ります。

ホーエンザルツブルグ城から見下ろす、サルツブルグの街。サウンド・オブ・ミュージックは、ザルツブルグで撮影されましたが、こんなシーンもありましたね。

ザルツブルグのショッピングのお楽しみは、ゲトライデガッセです。

 

ホーエンザルツブルグ城の中には、博物館があり、特に興味があったのは、オスマントルコ時代の影響を思わせるトルコの楽器が展示してあったことです。

モーツアルトのトルコ行進曲のサビの部分にも、オスマントルコの影響が感じられる部分があります。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年も後半となり、親子留学10年目・・この頃は、親も子供も自立が大切であると思い、特にお母さんが自立をして、ウェブ起業をして、子供に背中を見せていく、これが親子留学でも大事だと考えています。柔軟に、臨機応変に行動した人、行動は数も必要。自立していくお母さんを応援しています! 子供の教育と同時進行です!

-ドイツからの旅

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.