『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

15歳からドイツ・ベルリンのギムナジウムで進んでいく方法

我が家は、10歳から海外に出まして、最初の1年はビザランでほとんど学校に行かない状態で、

シアトルで野球スクールに参加したり、オーストラリアで3か月観光ビザで小学校に行ったり、

ドイツのゾーリンゲンでは、のんびりして、サッカー観戦ばかりしていて、

息子は、四谷大塚のテキストを独自に進めていた状態でした。

それから、オーストラリアの小学校に入学して、卒業して、

オーストラリアのハイスクール入学して、3年間のオーストラリア時代を過ごして、

14歳でベルリンのウェルカムクラスからはじめました。

15歳からギムナジウムに入学して進んでいく方法

14歳でウェルカムクラスに入り、ドイツ語を集中して学び、

1年後の15歳から、ギムナジウムに入学しました。

9年生からスタートです。ウェルカムクラス時代には、8年生も経験しました。

1学年通常の年代より落としている状態です。もちろん、同じ年齢の生徒もいます。

15歳からのギムナジウム入学。どうおもわれますでしょうか・・・

ドイツに長期在住の方などは、それできないでしょ・・・と一般的には、言われると思います。

ベルリンにいるドイツ人で、よく日本のことを知っている若い方なども、

え・・・通常のギムナジウムのクラスでやっていけているの?と言われました。

ポイントは、

  • 数学が得意であること、または、化学、物理なども。
  • 英語をマスターしていること(英語圏3年のエッセイが書けるレベル)
  • 反応が早いこと

この3つがあれば、やっていけると思っています。

9年生を経験して、現在、10年生で、これから、仕事の体験などもしていきます。

ギムナジウムの2年間で、一応、基礎作りはできたように見ています。

最後は、11年生、12年生でアビトウアに向けて、集中する計画らしいです。

ゼクンダールシューレでは、13年生まであるので、

自ら、1年多くアビトウアの準備をしてもいいかと思っています。

英語圏で3年間の経験がある方は、15歳から、このように進んでいけますので、

14歳までには、ドイツ親子留学をはじめると良いかと思います。

できたら、もう1年早い方が余裕だと思います。

ですので、結論として、10歳から英語圏留学3年で、13歳でベルリン入りをして、

14歳からギムナジウムに通学して、8年生から入学がベストな方法だと思います。

これで、日本語が日本で10歳まで、それから英語圏での3年の経験をもって、

ドイツ入りが可能ですね。

問題なのは、お母さん! お母さんの滞在許可証、更新です!

子供さんは、学校に通学することで、しっかりと進んで行きますので、大丈夫ですが、

問題なのは、お母さんです!

ご主人さまの海外駐在で来ているわけではないので、自分でビザを進めなくては・・ですね。

こちらが、至極大変なわけです。

ご主人さまからの海外送金も必要ですし、しっかりとした資金もなければ・・・。

そして、自分で収入を得ることができなければ・・。

ぜひぜひ、こちらを真剣に取り組んでください。

子供さんも頑張って勉強しているのに、お母さんが怠けていては・・・ですね。

なんて、私も自省しながら、書いておりますので、子供を見守りつつ、

親である、お母さんも奮闘しなければ。みなさん、同じですので、進んでまいりましょう!

ほっこり母親学でも、いろいろなマインドについて書いているので、読んで見てくださいね。

自分の想いがすべてを創っていく・・・これを実践してまいりましょう! いざ!

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年も後半となり、親子留学10年目・・この頃は、親も子供も自立が大切であると思い、特にお母さんが自立をして、ウェブ起業をして、子供に背中を見せていく、これが親子留学でも大事だと考えています。柔軟に、臨機応変に行動した人、行動は数も必要。自立していくお母さんを応援しています! 子供の教育と同時進行です!

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.