ギムナジウムの生徒たちから垣間見る、ドイツ・ベルリンの教育、子供の教育

息子は、ベルリンのギムナジウム10年生で進んでいます。ギムナジウムも、ベルリンの中では、わりとアビトウアの点数でも上位の学校であるようで、新聞に載るランキングで確認しました。

10歳からギムナジウムに来ている生徒もいますし、小学校を卒業してから、ギムナジウムに来ている生徒もいます。

10歳からギムナジウムに来ている生徒は、ラテン語の授業もあるようですね。12歳からの生徒は、ラテン語はないようです。このような違いなんですね・・・。

ギムナジウムの生徒たちから垣間見る現状とは?日本との違いについて

息子の学年は、クラスがAクラスからFクラスまであります。

AクラスとBクラスは、10歳からギムナジウムに入学した生徒たちです。

CクラスからFクラスまでは、12歳から、それ以降にギムナジウムに入学しているようです。

息子によると、AクラスとBクラスの生徒たちは、ガツガツ点取り虫が多いと言っていました。

ベルリンでは、一部のガツガツしている生徒を除いて、ほとんどが、わりとのんびりとしているようです。

新聞によると、ベルリンの教育レベルは、ドイツの中で最下位であると。

つまり、移民が多いということですね。だから、私たち、移民にとっては、大きなチャンスなのです。このように発想をしていくとよいのです。

わりと緩めで、最下位のランクから、はじめて、最後には、上位に登っていく・・・そういう作戦をとるといいのです・・。

教育レベルが高いからといって、最初から、バイエルン州などに、移民である日本人が乗りこむのは、賢い作戦とはいえないのかも。・・・落胆・・して終わってしまうかも。

それに、将来的には、首都ですので、レベルも上がっていきますので、今がチャンスですよ。もう、家賃も高騰しはじめていますので、そのあたりの先見の眼力が必要です。

つまり、昔の東と西のごちゃごちゃカオスが残っているので、その中で、ごちゃまぜになって、

そして、首都ですので、そして、ベルリンには、良い大学がありますので、そこに進んでいくのは、非常に良い方法だと思っております。

学校の生徒たちは、どこの大学に進みたい、将来何になりたいなど・・・何一つ、話題にならないそうです。

素晴らしいことだと思いませんか・・・

一方、日本ではどうでしょうか・・。

生徒たちは、塾に行きながら、自分は、どこの大学に進む、どんな職業につくと・・言ったり、なんども学校で将来の夢などを書かされたりして・・

先のことばかり見ているのね・・目標に向かって進むのはいいけれど、

それが、本心でしょうか・・。親とかに言われているだけなのでは?なんとなく、そういう雰囲気にのまれているだけなのでは??

何かすごいことを言っている・・ということで、満足しているのでは???

なにか、商業的で胡散臭さ・・・を感じてしまうのは、私だけでしょうか・・

私は、別に将来のことなど・・わからん!というドイツの生徒たちの方が正直であると思ったのです。

ドイツの大学は、非常に大変ですので、大学に入学してから、真剣に勉強をするのは、素晴らしい方式であると思っています。

専門性を磨くのは、20歳すぎてからという、年齢的にもあっているのかなと思っています。

ドイツの街の選び方

ドイツは、大きい街から小さな町までたくさんあります。

ベルリンは、ドイツらしい街とはいえないのです。

ベルリンは、ドイツではなく、ベルリン。特殊な街です。

ドイツらしいといえば、ボンとか、ハイデルベルグとか、ニュルンベルグとか・・でしょうか・・。

私は、実際にケルンやゾーリンゲンに住んでみて、ライン川沿いの街も見て、ニュルンベルグなども体感しましたが、

オーストラリアのケアンズという田舎街から来たせいなのか、

実は、実は、ドイツのほかの街より、ベルリンが好みです。

東京出身なので、首都感覚が好きだというのもあります。

休暇には、オーストリアの風景をみていたい・・というのがあります。

こんな感じで、人ぞれぞれの感覚で、好きな街があるはずです。

自分にピン!とくる街があるはずなのです。

そういう街を探すことも楽しいですね。

私など、ニュルンベルグに行って、あ!好きだ・・と最初は思いましたが、次の日には、すぐに飽きてしまいました。こんなこともあるんですね・・。

ケルンとかゾーリンゲンもすぐに飽きてしまいました。

私の感覚や価値観だと、動いていない街・・・だと、つまらないと感じるようです。

こんな感じで、ドイツの好きな街を選ぶ・・のも楽しみですね!

(よく、たぶん、トルコ系の方たち・・の話にちょっと耳をはさむと、ミュンヘンは最悪だ・・とか・・が聞こえてきて、何が悪いのかな・・と思ってしまいますが・・・人それぞれの感覚ですね。)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。