ドイツ移住と15歳の習い事

ドイツ移住の場合、子供の習い事は?

ドイツの子供たちは、放課後にどんな習い事をしているのか、お母さまたちには、関心のあるところだと思います。

平均で、週に2回くらい、習い事をしている子供が多いようです。

息子の学校では、バスケットボールとバトミントンの小さなクラブがあるようですが、たいていは、すぐに帰宅して、自分の好きな習い事をしているようです。

息子も、そろそろドイツにも慣れてきたので、何か習い事をしたいかな~と言ったので、もう、15歳なのだから、自分で決めて、申し込んでね・・と放置しました。

何を選んだのかと思えば、空手とテニス・・・また、スポーツだらけ・・でした。音楽でも1つ入れればいいと思いつつ、まあ、自分で選択したのだから、仕方ありません。

ベルリンの空手教室

ということで、先週は、空手教室を見に行きました。日本での空手道場などが、どうなっているのかが、わからないのですが、

エクササイズのような感じで、楽しげです。年齢は14歳以上であれば、誰でも良いそうなので、どうせならと、私も今週から参加予定です。

ここ、ベルリンで日本の空手の良さを発見したという感じです。

そして、ドイツ人が言う、 イチ~ ニイ~ マワシ~ゲリ~ が、とてもくすぐったいので、笑いそうになります。

ドイツの語学学校にいた、ロシア人も、ロシアでは、空手が人気だと言っていましたし、キルギスタン出身の女性は、空手の黒帯で、キルギスタンでも空手は、非常に人気があり、ニンジャ(忍者)というスクールに行っていたようです。

そういえば、プーチン大統領も空手や柔道をしていましたよね・・

空手からわかる、見えないものの力

空手といえば、身体の外側にある ” 気 ” を利用して、力に変えるわけですよね。だから、自分以上の力で、瓦割りなどもできるわけです。

現在、一番興味がある、目に見えない世界、量子分野の世界。

物理学でも最先端で、量子力学、量子学、量子医学などにもつながり、アメリカでも中国でも最先端の研究として、邁進しています。

物理学と哲学は、実は同じ分野だった・・というのも驚きです。

医学でも、量子医学がだんだん注目されてきているので、これから変化して行ってほしいですね。

教育に関しても、人間の肉体の外側には、エーテル体、アストラル体、メンタル体などがあり、それぞれ発達時期が違ってくるというのも、興味深いです。

もう、目に見えることだけを信じてはいけない時代に突入ですね。

空手から、話題がそれましたが、空手とは、そのような身体の外側の”気”を利用しているのですね。

病は気から・・・これも同じですね。

日本のように忙しくしていると、目に見えないものを忘れてしまう・・ことになりかねませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。