『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツの学校、ギムナジウムがスッキリしている理由

ドイツの学校、ギムナジウムには、クラブ活動の強制がない

ドイツの中学高校、ギムナジウムには、クラブ活動がほとんどありません。バスケットがある学校は、少しあるようですが・・

基本的に、日本の中学高校のように、クラブ活動で、仲間作り、集団での協調性を養うなどの面倒で、うっとうしい強制感はありません。自分に必要な授業を受けて、帰宅して、自分の好きな習い事をすればよいだけです。

学校に図書室がない

ドイツの学校、ギムナジウムには、図書室がありません。本を借りるためには、図書館に行けばよいからです。小学校の授業では、図書館を利用するための授業も行われているようです。

よく考えてみれば、学校に中途半端な図書館を作るより、しっかりと国や市が管理している図書館を利用すればよいわけですから、学校にはいらないですね。

学校にプールがない

ドイツの学校、ギムナジウムには、プールがありません。水泳の授業の際には、市民プールに行けばよいだけですので、学校には必要ないですね。

プールの水道代や管理も大変で、そんなところにお金を使うなら、もっと、他の使い道がありますね。

学校に保健室がない

ドイツの学校、ギムナジウムには、保健室がありません。生徒が具合が悪く、心配な場合は、救急車で病院へ搬送するようです。

よく考えてみれば、学校に中途半端な保健室があるより、専門的な医者がいる救急病院に搬送してもらった方が、親としては万が一の場合、安心ですね。

まとめ

このように、ドイツの学校、ギムナジウムには、余計な施設などありません。日本の中学、高校にある家庭科室などもありません。

よく考えてみると、料理などは、家ですればよいことで、学校ですることではないですね。家庭科の時間を他の授業にした方が効率的ですね。

ドイツの学校では、保健の授業もありません。これは、生物の授業になります。人間の身体も植物、動物と同じですから、生物の授業で正しいですね。

このように、ドイツの学校、ギムナジウムは、スッキリしています。ドイツ人の考え方を表していますね。とても合理的です。

[kanren postid="1665"]

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.