『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

12歳からのドイツ親子留学。小学校6年生からの海外生活もオススメです!

12歳のお子さまとお母さまが、日本からドイツ親子留学されましたので、本日お会いいたしました。

先日も、シンガポールから下見にいらした方も、娘さまが小学校6年生で、12歳ですし、

オランダ移住からドイツ親子移住された方も娘さまが12歳です。

女の子のお子さまは、12歳が多いですね・・。

12歳からのドイツ親子留学。今後どのように進んで行くのか?

12歳になると、ドイツのギムナジウムに併設されたウェルカムクラス(移民クラス)から進んで行くようになります。ドイツ語の集中クラスになります。

我が家の息子も14歳でドイツに来ましたので、最初の1年間は、ウェルカムクラス(移民クラス)からスタートしました。

オーストラリア親子留学からドイツに来ましたので、よく質問されるのが、インターナショナルスクールは、なぜ、選択しなかったのでしょうか?という内容です。

答えとしては、ドイツで今後生活していくためには、インターナショナルスクールより、ドイツの現地校の方が必要だからです。インターナショナルスクールは、イギリスの大学やアメリカの大学を目指す生徒のため・・という傾向が強いからです。

ドイツの大学を目指すのであれば、ドイツ現地校の方がいいのかもしれません。

1年間のウェルカムクラスを終了して、B1のドイツ語レベルまで到達すると、ベルリンでは、成績が上位でやる気があると、ギムナジウム、または、普通レベルならゼクンダールシューレに進学します。

ドイツでは、学校制度は、州ごとの管轄になっていますので、州によって制度や学校の名前が違いますので、注意してください。

息子の場合は、14歳からのウェルカムクラスで、1年後に8年生の後半から入学して、9年生から正式にスタートしましたので、

12歳からのウェルカムクラスだと、1年後には、7年生から、現地校で正式にスタートになると予想できます。

10年生には、MSA という、中等教育卒業試験があります!

ドイツの10年生、日本だと中学3年生、または、高校1年生でしょうか・・。

10年生では、毎年5月くらいにMSAという、中等教育卒業試験があります。

試験の科目は、ドイツ語、英語、数学、プレゼンテーションです。

プレゼンテーションは、自分の好きな科目を選択します。

生物や歴史を選択する生徒が多いそうです。

また、10年生には、職業体験を1週間するようになっていて、どこかの会社や研究所で

1週間仕事体験をして、クラスの担任の先生もそれぞれのところに訪問するそうです。

この年代に職業体験ができるのもいい経験ですよね・・。

11年生、12年生、(13年生)は、アビトア試験の準備期間になります!

ベルリンのギムナジウムでは、11年生、12年生がアビトア試験の準備期間になり、ベルリンのゼクンダールシューレでは、11年、12年、13年生がアビトア試験の準備期間になります。

ゼクンダールシューレでは、3年間のアビトア試験のための準備期間があるので、いいですね。

ゼクンダールシューレでも、アビトア高得点をマークしている学校もたくさんありますので、無理してギムナジウムに行かなくても、大学への道は開かれていると思います。

アビトア試験を合格しても、すぐに大学に行かない生徒もたくさんいて、フランスでアルバイトをしたり、世界中を旅行している生徒もたくさんいますので、

ギムナジウムでもゼクンダールシューレでもどちらでも同じですし、大切なことは、大学の学部選びを間違えないこと、本当に研究したいことを見つけることです。

なぜなら、ドイツでは、大学を卒業することが、非常に大変なので、学部選びを間違えると、将来的にはちゃめちゃになるからです。

このあたりは、日本の考え方、価値観と相当違います。

なんでもいいから、名前だけで、大学を卒業しておこう・・という甘い考え方は通用しません。卒業学部、研究したことが、そのまま就職に直結するからです。何を研究してきたかが、問われます。

日本のように、生物の研究をしていた生徒がテレビのアナウンサーになるという・・そんなコースはありえないのです!

だから、大学入学前に、相当悩んで、大学の学部、学科選びをするのです。そのために世界旅行をするのです。自分を知るために。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.