ドイツのインターナショナルスクールから帰国子女制度を狙う方法はおすすめです!

最近、ベルリンの家賃も高騰して、富裕層のための日本の不動産会社などもベルリンに進出してきて、これからは、富裕層、お金に余裕のある方も、ベルリンに移住する時代になります。

子供のためを考えて、将来性のあるIT分野を狙うためにも、ベルリンはおすすめです。

ドイツのベルリンで、インターナショナルスクールに行くなら、英語圏の親子留学の方がいいのでは・・??と一瞬思いますが、

いえいえ・・ドイツのベルリンあたりのインターナショナルスクールに行った方が今後を考えるといろいろと得策があります・・。

インターナショナルスクールのデーターベース

なぜ、ベルリンのインターナショナルスクールに通学するのがおすすめなのか?

英語圏に親子留学をしても、永住権が取得できませんが、

ドイツでは、5年ちょっとくらいで、永住権取得(無期限滞在)ができますので、

もし、永住権を狙わなくても、そのようなチャンスがあるというだけで、

将来的に可能性が広がります。

また、インターナショナルスクールに通学すると、国際バカロレアIB を取得できますので、

ドイツの大学に入学できるところもありますので、有効的です。

フンボルト大学は、IB入学ができます。

また、ベルリンのインターナショナルスクールに通学することで、日本の大学の帰国子女試験にも効果的ですし、

また、さらに英語圏の大学にもチャレンジすることができます。

ベルリンのインターナショナルスクールに通学することで、同時にドイツ語も習得することができます。

余裕がある方は、ベルリンのインターナショナルスクールに子供さんを通学させることは、非常に有意義ではないでしょうか・・。

オーストラリアのメルボルン近郊のキルモアインターナショナルスクールなどは、とても良い学校だと思いましたが、オーストラリアの永住権が取得できないですよね・・。

カナダのセントキャサリンのリドリーカレッジなども、とても良い学校だと思いましたが、カナダの永住権が取得できないですね。

ニュージーランドも永住権が取得できないですし、マレーシアも取得できないです・・。

ベルリンのインターナショナルスクールから日本の帰国子女試験を狙う方法

帰国子女試験、帰国生試験は、平均5、6年の海外在住年数になっています。短い方で、2、3年から、長い方で、18年という、生まれてからずっと海外の生徒もいます。

ですので、ベルリンのインターナショナルスクールを8年通学すると、かなり有利なのではないでしょうか・・。

ですので、10歳ぐらいから、ベルリンのインターナショナルスクールに通学して、8年の海外在住で、帰国子女試験を受けると良いと思います。

帰国子女試験は、日本語の論文などもあるので、10歳からが適切だと考えます。

ただし、ベルリンの無料のインター、JFKやマンデラは、日本人はほとんど無理だと言われています。

有料のインターのみとなっています。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。