ドイツ生活。 ぼっ・・とすることの大切さ。理想的なドイツ人の生活。

ドイツ・ベルリンの公園やカフェ・・いろいろなところで、いろいろなところで見かけるドイツ人や、どこかの国の移民の背景をもつベルリン在住の方たちなどなど・・。

ぼっ・・としている方が非常に多いことに気がつきます。公園でひとりで日向ぼっこしている方、カフェでひとりで座っている方・・。

ほっとします。一人で過ごすことが非常に大切だと再確認することができます。

人生は無目的である!

人生は無目的であると学びました。

下記のブログの方に書いていますので、お時間がありましたら、お読みくださいね。

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた 難民問題、移民問題 間奏曲 ハンガリー・ブタペストの旅

しかし、ほとんどの方が、夢を達成するために、目標を達成するために・・・と毎日忙しく奔走してしまいますよね・・。

また、それが正しい、良いことだと錯覚しています。ここが問題だと思うのです。

特に、日本などは、アメリカ推奨の成功こそがよし・・という、プラグマティズムの影響を受けていますので、また、現在はグローバリズムという、経済的帝国主義に翻弄されていますので、

みんなが、夢や目標に向かって進んでいて、とてもガサガサした雰囲気になっています。

これは、日本の子供たちの多くが、騒ぐ、わめく、という態度からも垣間みることができます。

ドイツ・ベルリン在住の方たちを3年間見てきて、夢に向かって・・なんて言っている人はいないし、そんな学生もいないし・・

ただただ、自分の進む道を歩いている・・・ただそれだけであることがわかりました。

そして、それは、オーストラリア・ケアンズの方たちもそうでした。

日本の教育熱心な方たちは、子供をどうにか、エリートにしたい・・と思っている方が多いですよね・・。

私もそのように普通に思っていた時代がありましたが・・・それが、間違っていることに気がつきました。

良い学校、良い会社、とくにグローバリズム系の大企業・・・そのようなところを目指していくこと・・

自分自身をせまい箱の中に詰め込んでいくことであり、窮屈な生き方をするだけである・・ということに気がついたのです。

ドイツ人は、世界の中で、より理想的な生活をしている国民だと感じる!

ドイツ人といっても、北から南まで、ベルリンとミュンヘンを比べても違うだろうし、移民背景によっても違うと思うのですが・・

ミュンヘンは、保守的な地域であるし、ベルリンはメトロポリタン、コスモポリタンな都市であるし・・

しかし、日本人と比べてみるなら、ドイツ人の方がよほど、理想に近い生活をしているのではないか・・と思うことがよくあります。

毎日の過ごし方、働き方、ものの考え方、食事のこと、医療のこと、教育のこと・・などなど。

ドイツ人は、家を大事にして、住居をgemuetlich (快適)にしようとするし、お散歩が大好きで、どこまでも歩いて、健康的だし、

働き方は、slave感覚がなく、周りと同調することなく、自分の仕事が終了すれば、17時に退社して、残業などもしませんし、

なんでもはっきりと自分の意見を主張して、デモなどにも積極的に参加しますし、

食事も簡素で、夜はあまり食べないという、身体に良い方法をとりますし、

安易に医者にたよらず、自然療法を試みますし、

教育も、自分に合った進度をえらび、競争をしませんし・・

日本人より、ずっと賢明だな・・・と思って見ています。

ドイツに生まれたかったな・・とつくづく思っています。

同じ敗戦国なのに、なぜ、こんなに違うのだろう・・とも思います。

本当に、本当に、子供を0歳児からドイツで育てたかった・・・。

私は、日本人で良かったと思っています。日本語が素晴らしいし、だからこそ、こうやって、日本語でブログを書くことができるので、嬉しいのですが、

2000年以降の世界の動きを考えると、ドイツで最初から子育てがしたかったですね・・。

いや、遅くないですよ。これから、ドイツ親子留学をして、ドイツにいらしてください。

ビザ取得がだんだんと大変になってきますが、ドイツ生活がしたい!と思う方は、ぜひ、いらして下さい。そして、ドイツ生活を楽しんでいただければと思っています。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。