親子留学 ドイツ オーストラリア

親子留学は、欧州か?南半球か?

親子留学は、欧州または、南半球がいいでしょう!

親子留学をしたいのですが、どちらの国がいいでしょうか?

と聞かれた場合、南半球のオーストラリアかニュージーランド、または、欧州のドイツかオランダあたりがいいでしょうと答えます。

南半球がなぜ良いかというと、北半球は、いろいろとごちゃごちゃしていますので、子供さんの環境のためには、オーストラリア、ニュージーランドが最適です。

しかし、オーストラリアやニュージーランドで長期間留学ができる方は、ほとんどいないのです。たいてい、3年以内が限度の方が多いです。

そうすると、欧州のドイツかオランダあたりが、ビザ取得の面で手が届くようになっています。

また、ドイツでは、水道水もきれいですし、食品も遺伝子組み換えなどの規制もうるさく、しっかりしていますので、子供さんの環境を考えると、ドイツは非常によい環境になります。

ドイツ親子留学は、ドイツ語が壁?

ドイツ親子留学が、非常によく、お得感もあり、穴場だと理解していても、みなさん、ドイツ語の壁を感じられています。

ドイツ語というと、一瞬、難しそう・・定冠詞3つもある!と引いてしまう方も少なくありません。

しかし、英語になじんできた方なら、すぐに慣れます。古代英語とドイツ語は同じなのです。由来が同じですので、共通している言葉もたくさんあります。

自分で、ドイツ語の壁を作らなければ、必ず、できるようになります。ドイツの滞在許可証を取得すれば、ドイツ語講座に通学することも義務ですので(8か月のベルリッツでのドイツ語講座をお奨めしています)、事前に準備しなくても、生活に必要なドイツ語をマスターできます。

ドイツ語を学ぶポイントは?

ドイツ語の難しいポイントは3つあります。

  1. 男性名詞、女性名詞、中性名詞がある
  2. 定冠詞、不定冠詞、形容詞も変化する
  3. 動詞の3格、4格(ドイツ人は、状態が大事!)

最初は、何を言っているのか?わからないと思いますが、

ドイツ語を少し勉強した方なら、あ~とわかるレベルです。

英語と違い、変化がありますが、これも慣れてしまえば当たり前になります。

最初は、どれが、男性名詞で、女性名詞で、中性名詞?と覚えなければいけませんが、だんだん、自然になじんできます。

また、最初は、変化表といつもにらめっこしなければいけませんが、これも自然にわかるようになります。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ, オーストラリア

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.