親子留学

親子留学で虫歯になったらどうするか?

海外生活で、虫歯はダメです!

親子留学する場合には、現地の保険に加入しますので、万が一の場合は、大丈夫ですが、たいていは、歯科治療は、入っていません。

保険に歯科治療を入れると高くなりますので、虫歯が心配な方は、保険にオプションでつけおくといいでしょう。

基本的に、海外生活で、虫歯、歯の治療は、ありえない!と考えてください。

虫歯にならないためにも、

  • 子供に砂糖満載のお菓子や清涼飲料水は与えない
  • 歯磨きをしてから、寝るように徹底する
  • 重曹を活用する

このあたりの注意が必要になります。

海外生活5年以上で、通院ゼロ!

我が家は、徹底して気を付けていますので、5年以上の海外生活で通院ゼロです。息子も15歳で虫歯ゼロです。

万が一の場合は、現地で高い治療費を支払って治療するか、日本への帰国時に治療になります。

なんとか、毎日気を付けていれば、それが習慣となり、できるようになります。

海外生活でも、日本でもあたりまえですが、

  • けがや病気にならないように、急がない、無理しない
  • 子供には、調子に乗らないようにしつけをする
  • 欲張らない、穏やかにすごす

こんな当たり前のことを、徹底するしかないのです。

虫歯にならない生活は、正しい生活の基本である!

虫歯になぜなるのか?

を考えてみると、日常にありふれている加工品の中の砂糖類、添加物が原因ですので、

虫歯にならない生活というのは、身体に害を及ぼす砂糖類、添加物、加工品を除外することになりますので、

生活の基本、身体に悪いものを取り入れない習慣をつけることになり、

これが、身に着くと、すべての生活が正しく、清らかになりますので

虫歯にはならない!を家族で徹底させると、いいですね。

親子留学で、~になったらどうしよう?から発想転換しよう!

海外でも日本でも同じですが、~になったらどうしよう?という考え方、発想を変える必要があります。

~には、ならないように、気を付ける! 

このように、考え方を変えるのです。そして、例えば、虫歯にならないためには、

  1. 加工品、添加物、砂糖を食事から取り除く
  2. 歯磨きの習慣を徹底させる
  3. 重曹の使い方を検索して調べる

以上のような、行動を毎日するしかないのです。

虫歯の痛~いことを想像すると、徹底できるかもしれませんね。

歯医者でのあの、キ~~~ンという治療の音を想像してみてくださいね!

[kanren postid="143"]

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.