『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

お客様の声

ドイツ親子留学でのベルリン生活は不便です! お客様の声より 第5弾

 

秋頃に、ドイツ親子留学でこちらにこられて進まれている方に、子供の教育やお母さんのお仕事についての考えのアンケートを取らせていただきました。

今回は、第5弾になります。

ベルリン生活は不便であると、はっきりと言ってくださいました。

確かに、日本の便利さになれてしまうと、ドイツのベルリン生活は不便です。ある意味、正解です。

しかし、不便であること・・・の良さがあるのですが・・。

便利なことが本当によいのか・・と考えるきっかけにもなるベルリンなのです。

しかし、我が家が以前住んでいた、アメリカのシアトル、オーストラリアのケアンズ、ドイツのゾーリンゲン、私が以前住んでいたインドネシアのジャカルタ・・・そして、東京の西方面の私の実家より・・ベルリンは便利かも・・という点もあります。なぜなら、ベルリンは交通網が、バス、電車、地下鉄とあるからです。

役所関係が不便ではありますね。日本のようにコンビニもないので・・。

子供が自立できるようにサポートすること・・と語られている点に注目です!

掲載の許可をいただきました。

 

1。ドイツ親子留学を決断された理由は、ズバリ?

 

子供のためです。

 

2。子供の教育についてどのように考えていますでしょうか?

 

教育についてはあまり考えていませんが、子育てで気をつけている事は、子供が自立できる様にサポートする事です。

 

3。お母さんが海外で自立して、働くことについて、どのように考えていますでしょうか?

 

海外で働くことは簡単ではないですし、どうにかなるものではないと考えています。

 

4。ドイツのベルリン生活はいかがでしょうか?

 

生活自体は問題ないですが、不便です。

 

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-お客様の声

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.