『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ほっこり母親学

ドイツ親子留学で、親が自由になって、子供を伸ばす方法

子供が将来的に伸びていくためには、子供が自発的に行動して、強制されないことが大事だと知りました。

自発的になんでもしない限り、全力で乗り越えることができないと・・。

学校で強制されてやらされていることは時間の無駄なんですね・・。

親がいかにこの現状を知ることができるか・・が大事ですね。

ドイツ親子留学をきっかけにして、親が自由になり、鷹揚な考えをもつこと

ドイツ親子留学でも、英語圏の親子留学でも、親が海外に飛び出すこと自体、自由な発想でないと、決断ができませんので、

海外に移住をする決断は、親の考えが柔軟で、自由であることがわかります。

もう一つの考え方は、親の決断で、子供がいやがっているのに、親が海外移住したいので、

子供を無理やりひっぱって親子留学するとなると、毒親になりかねないですが、

まあ、日本の環境もあやしいので、どっちもどっちなわけで・・わけわかりませんが・・。

長い目でみたら、子供の可能性も広がりますし、語学も自由自在にこなせるようになり、

どちらかというと、日本にいるよりは、広がりがある点で、親子留学の決断の方がいいのかなと思います。

日本の従来の考え方から離れて、発想転換をして、異世界に飛び出すだけでも、

どんな状況でも、大変であっても、子供にその様子を見せるのは、有益ではないでしょうか・・。

これからの時代、どんな国でも、どんな状況でも、つべこべ言わずに、どこでも生きていくことができる・・

そんな力を身につけさせるためにも、ドイツ親子留学は良いかと思います。

子供に多くの経験値を与えよう! 従来の枠、固定観念をはずしていこう!

今の時代、一番子供にとっても、大人にとっても、求められているものは、

従来の枠や固定観念をはずしていくこと・・、これに対して、早急に対応できること・・

これが求められているような気がしています。

子供も電磁波は注意するけれど、PCをどんどんいじって、スマホ、アイフォンなどもどんどん使って、

Appなどもいろいろと使いこなせるようになって、

PCでは、いろいろな検索をして、検索能力をつけて・・など、

遊びながら、知っていくことも大事ですね。

学校の勉強やクラブ活動の枠を超えて、実生活、実体験の経験値を多くもちたいものです。

昔は、本屋さんにいくことが大事だと思っていましたが、今の時代は、電気屋さん、パソコンショップに

頻繁に出入りして、新製品や新しいテクノロジーををチェックすることが大事ですね。

2018年のアップル製品は、新しいものが出るの??こういうところから、チェックですね。

こんなことと同時に、世界の国々に出かけて、実際に、自分の目で見ることが大事です。

世界の国といっても、英語圏で、経済発展している国ばかりみても、不足ですね。

英語圏以外の国々、イスラム圏の国々、東南アジア、南米中米、島なども見る必要があります。

この経験を10代にしたいものですね。18歳くらいまでに・・。

このような経験値があってこそ、子供の能力と可能性は広がり、伸びていくものです。

机の上で、問題集を解いていくだけでは、経験値が不足しているのです。

子供が伸びるためには、自発的な行動が必要!

親が子供に、大企業に入社してほしい、官僚になってほしい、公務員になってほしい、医者になってほしいなど

もし、強制していたり、誘導していたとしたら、将来的には、子供は途中で頓挫するだろうと思われます。

なぜなら、自発的行動ではないからです。

子供の自発的な行動でない限り、将来的にずっと伸びていき、障害を乗り越えていく力が出せないからです。

だから、いかに自発的な行動を親がサポートしていくかですね。

それに、親が余計なことを言って邪魔をしてはいけないわけです。

我が家もそのあたりを大事にしながら、進めております。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ほっこり母親学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.