『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツ親子留学は、8歳頃から14歳前までドイツ入りが最適で、ドイツの大学入学準備にも間に合います

ドイツ親子留学、親子移住は、8歳頃から14歳前くらいまでが、お奨めです

ドイツ親子留学、親子移住は、遅くとも、14歳までにドイツ入国をしていることが望ましいです。

理由としては、大学入学まで、最低4年位、4~5年の勉強期間が必要だからです。

ドイツ語の習得では、3年位現地の学校(ベルリンでは、ギムナジウム、ゼクンダールシューレ)に通学することで、現地の生徒と同じレベルくらいに達します。それに、プラス1~2年学ぶことで、大学入学に際しても、充分で万全な準備ができます。

大学入学まであと2年だと、少し厳しくなります。3年以上、4~5年は欲しいところです。ドイツ語を大学入学レベルまでもっていくのには、これくらいの時間がかかります。

例えば、英語圏だと、3年現地に通学することで、大学入学レベルに達すると言われています。

ニュージーランドに高校3年間留学されていた方が、オーストラリア国立大学(豪州でNO.1と言われる)に入学しているなどの例からわかります。

8歳頃から、ドイツ親子留学をお奨めしている理由は、ドイツの小学校では、小学校3年生から英語の授業がはじまるからです。

( NRW州の方からご連絡があり、NRW州では、小学校1年生から英語の授業があるそうです!やはり、ドイツでは、教育は州ごとに管理されていますので、お住まいの州にて、ご確認されてくださいね。)

可能ならば、1年くらい英語圏に留学してから、ドイツ親子留学されると、ドイツの学校でも英語に対してアドバンテージが取れますので、お奨めです。

ドイツの大学入学を考える場合は、ドイツ語が出来ていることが重要です。英語での授業の学科もありますが、基本的には、ドイツ語を重視した方が、その後の就職に際しても有利になります。

ドイツでは、英語も重要ですが、まずは、ドイツ語、そして、英語もできた方が有利である・・という考えでいくと、チャンスも多くなります。

ドイツで仕事をするのか?日本で就職するのか?

ドイツで仕事をしたい場合には、やはり、14歳までにドイツ親子留学をして、大学に進み、できたら、大学院も卒業して、ドイツで仕事をもつというコースが良いかと思います。

日本で就職する場合は、ドイツの大学留学(聴講生?)あたりでも可能かもしれませんが・・ドイツで仕事を持つためには、長期間、大学で勉強して卒業することが必要です。まず、卒業するためにも、高度なドイツ語が必要なのです。

息子にも、よく言っているのですが、外国人が移民として現地で職業を持つことは、大変なので、なるべく、学位も高いレベルで取得することが大切だと教えています。

そのための準備期間として、やはり、14歳前からのドイツ入りが必要になります。

オーストラリアでも外国人がオーストラリアの永住権をポイント制で取得する場合は、オーストラリアに不足している職業であれば、取得可能でした。

オーストラリア人に人気な職業では、永住権を取得できないのです。

いわゆる、文系の職業、テレビアナウンサー、弁護士などは、人気職業でした。

理系の職業、エンジニア、ITなどは、西洋人は、数学や理系が好きでない方が多いので、不足しているとのことでした。

ドイツでも同じような傾向を垣間見ることができます。

実際に、息子のギムナジウムでも、生徒たちは、数学、物理、化学あたりが苦手な子たちが大変に多いです。

オーストラリアのハイスクールでも、ドイツと同じような傾向がありました。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.