『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ドイツ

ドイツベルリンのアレクサンダープラッツ駅での人々の表情と日本の東京の新宿駅での人々の表情の違いについて

その国に住んでいる人々の表情というのは、その国、街の雰囲気や生活環境を端的に表していると思うのです。

そして、毎日の生活が幸せなのか、そうでないのか・・もよくわかると思うのです。

ベルリン在住のドイツ人が日本の東京新宿駅のプラットホームの人々の表情をビデオ撮影。

こちらが、新宿駅の人々の表情です。

Adam Magyar, Stainless - Shinjuku (excerpt) from Adam Magyar on Vimeo.

ベルリン在住のドイツ人がベルリンの地下鉄U2のアレクサンダープラッツのプラットホームの人々の表情をビデオ撮影

こちらが、ベルリンのアレクサンダープラッツの人々の表情です。

Adam Magyar - Stainless, Alexanderplatz (excerpt), 2011 from Adam Magyar on Vimeo.

東京新宿の人々の表情とベルリンのアレクサンダープラッツの人々の表情を比較して

上の2つのビデオを見て、どう思われましたでしょうか?

ベルリンのアレクサンダープラッツは、東京でいえば、上野とか、新宿という感じですので、ちょうど東京の新宿駅と比較するのによい街だと思います。

新宿駅のたぶん、山手線渋谷方面行きのプラットホームだと思いますが、日本でも、そして、世界でも一番乗客数が多い場所です。

それに比べて、ベルリンのアレクサンダープラッツは、世界と比べると、大したことはないですが、ベルリンの中では、ごちゃごちゃしている駅になります。

アメリカ映画の「ボーン・スプレマシー」や「アンノウン」にも、ベルリンのアレクサンダープラッツあたりが出てきます。

私の感想としては、ベルリンの方は、だいたいこんな感じで、慣れてしまったので違和感はないのですが、

新宿駅の方は、よく知っていますので、懐かしいと同時に、やはり人々の表情から感じることは、抑圧されているような・・という雰囲気を感じ取りましたが、どうでしょうか・・・? 人々が無表情である、少し怖い表情の方もいたりして・・。

私も人々の表情の写真を撮りたいなと思いましたが・・・。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.