『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ドイツの学校にいじめはありますか?

ドイツの学校にいじめや学級崩壊はあるのでしょうか?

お客様から、このような質問がきました。私もすべての学校を知っているわけではありませんので、どこかではあるのかもしれませんが、

基本的に、日本のような、ジメジメした陰湿なイジメはないと言ってよいと思います。

欧州は、個人主義ですので、全体の傾向として、人のことをあまり構わない、気にしないと言ってよいと思います。

オーストラリア時代は、息子は小学校でしたが、いじめはしてはいけないと・・小学校でも生徒に教えていましたね。あと、人種差別もいけないと、オーストラリアの小学校では教えていました。

オーストラリアのケアンズでしたので、オーストラリア人、島のアイランダー、アボリジニなど、3つの人々が仲良く暮らすことを目標にしていました。

こちら、ドイツのベルリンでは、もっと数多くの民族が入り混じっていますので、キリがないですね。

学級崩壊といっても、学校自体に、そんなに強制感がないので、もともとくずれている・・・というか、リラックスしているかもしれないですね。

学年も、年齢も、国籍も・・関係ありませんので・・

日本では、なぜ、いじめがあるのでしょうか?

たぶん、異質なものを、嫌う傾向があるからだと思います。

みんなと同じが良くて、安心して、少しでも違う人がいると、強制的に、同じにしようとするからです。

違う人が気に入らないんでしょうね・・自分が正しいことを正当化するために、違う人を見ると、イライラして、除外したくなるからでしょう。

つまるところ、寛容でない、許容範囲が小さいという、ちっぽけな人が、いじめをするのだと思います。

あと、人をいじめることが、楽しい、優位に立てた気分がある・・という高揚感を持ってしまう方がいることです。

こういう方は、実は、自分に自信がなく、いつもグラグラしているので、それを埋めるための行動ですね。

人の悪口を言うというのも、自分を正当化するためですね。自分の方が正しいんだ・・自分の方が上だ・・偉いんだ・・というときに、悪口が出たり、イジメが発生しますね。

テレビの影響も非常に悪いですね・・人間的に良い人ではなく、我が強く、押しの強いキャラクターの方がメインな、いじめを助長するような番組も多いですしね・・

いずれにせよ、自分をしっかりと見るのではなく、人を気にしているので、イライラしたり、いじめたりするようになるのです。

あと、食べ物でも、いじめの心が生まれてくるみたいですね・・

そして、親からの愛情不足もあるでしょうね・・

会社でもイジメがあるようで、パワハラもありますね。能力のない上司が、部下が優秀であると困るので、最初は、潰しておこう、骨抜きにしておこうと、イジメをするのでしょう。

そんな会社がある、日本社会ですので、子供にも影響が悪いですね・・

いずれにしても、みんな自分に自信がないので、イジメが起こるのです。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.