『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ドイツ ベルリン観光

ドイツで人気な簡単便利なバス旅行!

ドイツは電車もいいが、お手頃バスも人気!

ドイツから欧州を旅行するには、手段が3つあります。

飛行機、電車、バスです。ヨーロッパは、大陸続きですので、どこまでも海なしでいくことができます。また、スウェーデンからスペインでも、日本の北海道から沖縄くらいの距離になります。 

飛行機では、以前、コペンハーゲンからデユッセルドルフまで、たったの45分くらいで、飛んだことがありますが、あっという間に到着で早いけれど、景色も見えずにつまらない場合も多いです。ビジネス用ですね。

電車は、景色を堪能できますが、景色がたいしたことない場合は、電車は割高になりますので、バスを選ぶ方も多いのです。

お手頃なバス旅行が近場では便利です。

バス旅行は、若者に人気!

ハンブルグまで、片道たった1000円です! 

 

先日、ベルリンからハンブルグまで、日帰りで、バス旅行をしました。

バス会社は、Felixbus, Berlinerlinie, Postbus などいろいろな会社があります。今回使ったバス会社は、Felixbus  で、お手頃ということでみなさんに人気です。

緑色で、目立つFlixbus

ベルリンからハンブルグまで片道3時間。

バスは、たったの片道7.9ユーロ(1000円)から、あります。申込み時期が1週間前、朝少し早い時間だとお得になります。

ドイツの電車を使うより、格安ですので、人気でみなさん利用しています。特に、リュックを背負っている若者が多いです。

 バスは、ドイツから、ロシア、イタリア、スウェーデンなど

欧州全域を網羅しています。5~6社あります。

飛行機と同じように、行き先の掲示板がある。朝7時代でも各方面に出発。

バスの中は、Wifi も完備で、コンセントをいれて充電もできるので、若者のニーズにうまく対応していますね。

 ドイツの北の玄関口、ハンブルグに到着!

ドイツの北の玄関口 ハンブルグのアルスター湖

朝7時50分ベルリン発で、ハンブルグに11時に到着しました。

帰りは、ハンブルグ19時出発で22時半にベルリンに戻りました。 

ベルリンからハンブルグまでのドイツのアウトバーン(高速道路)から見える景色は、ドイツ平原の牧草地帯、牛や馬が見えました。日本だと北海道の風景に似ています。北のドイツ平原では、酪農が盛んなことがわかります。

 また、風力発電がたくさんありました。ドイツ国のエネルギーの方針も垣間見えます。

ハンブルグ滞在は、たったの7時間ですが、主要なポイントを抑えて観光するには、ちょうどいい時間です。これ以上長いと疲れてしまい、ホテルで一泊した方がよくなりますので。

 ハンブルグは、欧州の北の玄関口。アルスター湖とエルベ川あたりを堪能すれば、ハンブルグの街を満喫したことになります。

ハンブルグの市庁舎

 アルスター湖の周りをぶらぶら散歩して、ハンブルグの街並みを観光。

アルスター湖周辺は、お洒落な街並みになっている 欧州最大のパサージュもある

 

ベルリンと比べると、ハンブルグの街は、イギリス風の影響をうけている建物が多い。ロンドンに近い。

その点、ベルリンは、やはり、東側の影響を受けているのだと、改めて、確認しました。

 湖からの景色は、コペンハーゲンやストックホルムの北欧を思わせる感じもある。

ラフなパーティ―が行われていた

 

書店を覗いてみると、やはり、文房具などもイギリス風なものが多い。おしゃれなお店も立ち並んでいる。

 

ベルリンとハンブルグは、たった250キロくらいしか離れていませんが、

街の様子は、すいぶんと違うことがわかりました。

 

やはり、ベルリンは、ドイツが東西統一したとはいえ、東の雰囲気を漂わせて、移民も多く、トルコや中東を中心としたオリエンタルやアラブの雰囲気もあり、まさにメトロポリタン、コスモポリタンなイメージであることを再確認しました。

 

欧州は、バスでどこでも行けると思うと、夢も広がります。ワルシャワから、ロシア方面にも行けるし、フランス、スイス、イタリア方面までも行けますが、時間は、12時間以上かかるので、バスでいかに身体が痛くならずに、寝ることができるかが、楽しめるかが、ポイントですね。それができれば、格安バス旅行で、欧州満喫も楽しいですよ。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-ドイツ, ベルリン観光

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.