親子留学や移住にある程度のお金は必要

親子留学、移住にお金はある程度必要です!

欧州の移住は、英語圏に比べれば、敷居が低いというものの、

移住には、ある程度の資金、お金が必要で、これが、滞在許可証取得に重要です。

つまり、最初の2年間くらいは、働かなくても大丈夫くらいの資金の提示が求められます。

外国人で移民するのに、何もない状態で国が受け入れるわけはありません。難民でさえ、お金がある方たちだけが、入国しています。お金のない方は、難民にもなれないのです。難民ボートがひとり100万の時もあったくらいですから。

滞在許可証の更新時にも、収入が問われる

ドイツ滞在の2年後の更新時にも、どれくらい収入があるか?生活していけるか?が問われます。

ドイツで長期滞在するには、年金にも加入しなければいけません。また、税金をどれくらい支払っているかの証明も必要になります。

つまりは、ドイツできちんと生活していけるのか?を問われていますので、それなりに、ビジネスが成立して、稼働していなければいけません。

ドイツ移住のためには、まず2年間生活できる資金の準備を忘れずに!

ドイツ親子移住をご希望の方は、まずは、2年間生活できる資金を準備してください。英語圏に比べれば、かなり敷居が低いです。

何もない状態で移住できるところは、ほとんどありませんので、まずは、資金を準備するところから取り組んでください。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。