ドイツ親子留学にて、子供はドイツの大学へ。お母さんのウェブ起業は成功する。

ドイツ親子留学から子供は、ドイツの現地校から、ドイツの大学へ無料の学費で進む。

その先、大学院の修士課程、博士課程まで無料の学費で進んでいく。

ドイツでは、理系の博士課程の Dr. ドクターを持っていると、有利である。

お母さんは、40代ぐらいから、ウェブ起業を立ち上げて成功させる・・・。

これらは、ドイツ親子留学の基本パターンになっています。

ドイツ親子留学にて、子供はドイツの現地校から、ドイツの大学へ無料の学費で進む

ドイツの現地校は、公立で無料ですので、こちらに衝撃を受けて、ドイツ親子留学に進まれる方も多いです。

なぜ、無料なのでしょうか??と聞かれる方も多いです。なぜなら、税金を納めなければいけないからです。お母さんは、しっかりと働いて、税金を納めなければいけません。

最低限の利益証明で、年間650ユーロくらいの税金になります。8万円くらいでしょうか・・。

子供手当は、しっかりと一人192ユーロ支給されますので、税金もしっかりと納める事ができますよね。

子供手当ては、子供が学生ならば、25歳まで支給されますので、大学だけでなく、大学院の修士課程、博士課程まで、しっかりと進んでください。

ドイツは意外にも学歴社会です。ドクターを持っていると、名刺などにも、DR.が記載されます。そして、有利なことも多いのです。ただし、理系になりますが。文系だと、使えない・・何ができるの??という感じになることも多いらしいのですが・・・。

素晴らしいと思いませんか??

ドイツ親子留学から、学費無料で、ドクターまで進んでいく・・・しっかりと子供が学位を取得できる機会を与えたのです。

あとは、子供のやる気次第です。チャンスを与えて、無料ですので、負担もありませんし・・。

ですので、大学入学前は、しっかりと自分がわかるような時代を過ごすだけです。そして、自分が進む道を決定するだけです。

今の日本人の子供さんとお母さんは、気がついた方から、この道を進んでいきましょう。広める必要もありません。自分がしっかりと進んでいけば、きっと、他の方の役に立つからです。まずは、自分がしっかりと進めることです。

進めるためにも、お母さんの収入がないと、税金を納めないと・・ビザ更新ができませんが・・・。そこがネックですね・・。どうすればよいでしょうか・・。

お母さんは、ウェブ起業をして進んでいこう!

お母さんは、自力で収入を得なければ、ビザ更新することができません。また、滞在許可証に書かれている通りに仕事をすすめなければいけません。

どうすればよいでしょうか・・。これから、家賃も高騰していきます。将来的に安定した収入を確保しなければいけません。70代、80代、90代になっても、収入を得ることを考えなくてはいけません・・。

ドイツ社会は、意外にもシビアです。収入がないと、子供に可哀想な思いをさせてしまいます。学校のお友達の家庭は、裕福な方も非常に多いです。ドイツ人は、ブランド品もしっかりと持っています。

アジア人、中でも日本人は、裕福な人が多いと思われてしまっています。

冬には、殆どのドイツ人は、オーストリアあたりにスキーに行きます。夏は、カナリア諸島にクルーズに行ったりします。

こういうこともできなければいけません。どうしたらよいでしょうか・・。

私もオーストラリア時代に経験してきましたが、ライターや英語の翻訳、英文作成とか・・・だと、時間がかかるわりに、収入は少なめです。自分の経験として良かったと自己満足するだけです。

答えは、ウェブを活用した、ウェブ起業をすることです。

自力でやってはいけません。必ず、20年くらいのウェブ業界の経験のあるウェブ起業専門家に守破離の精神でついていくことです。

効果的なウェブ構築、ストラテジーが大事だからです。ウェブ起業のプロヂューサーに習う事が一番の早道です。

私なんかにできない・・そんなことを絶対に言ってはいけません。

子供はもっと大変です。ドイツの現地校で、ドイツ語で試験を受けて、ドイツの大学では、ドイツ語で論文を書いて行くのです。

お母さんがウェブ起業がうまくできないようでは・・・子供に良い例を示すことができないですよ・・。

お母さんがウェブ起業をうまくできれば、子供もドイツの大学でうまくいきます!

子供の将来のためを思うのなら、必ず、うまくいくように進めることです。

ウェブ起業は必ず成功する・・と設定してしまいましょう!

今、すぐにはじめれば、そして、継続してブログを書く事ができるならば、そして、コツコツと守破離の精神で進む事ができるならば・・2年後には、必ず、うまく行くはずです。

ウェブ起業は、うまくいきました。ありがとうございました・・・と、完了形で設定してみましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。