『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ドイツ

12月31日は、ジルベスター(ドイツの大晦日)

12月31日は、ドイツの大晦日、ジルベスターです!

12月31日は、日本では、大晦日ですね。

ドイツの大晦日のことを、ジルベスターと言います。

ジルベスターコンサートは、大晦日に行われる、主にクラシック音楽コンサート。ジルベスターは、ドイツ語大晦日(Silvester=聖ジルベスターの日)の意味。

出典:ウィキペディア ジルベスターコンサートより

ドイツやオーストリア各地では、12月31日にジルベスターコンサートが行われます。

31日の大晦日に食べる、プファンクーヘン(ベルリナー)というパン菓子

日本では、大晦日には、大掃除をして、その後、長寿を願って、年越しそばを食べますね。

ドイツのベルリンでは、大晦日には、プファンクーヘン(ベルリナー)というパン菓子を食べます。

ベルリーナー・プファンクーヘン:Berliner Pfannkuchen)、または短くベルリーナー(Berliner)とは、ジャム入りの揚げパンクラップフェン)である。/p͡f/音のカナ表記には、他に「ファン」「プァン」などがある。また、英語風にバーリナーバーライナーとも呼ばれる。

このパン菓子を指す用語は、ドイツの地域ごとに異なる。ほとんどの地域ではベルリーナーと言うが、ベルリンブランデンブルクザクセンの住人はプファンクーヘンと呼ぶ。“プファンクーヘン”とは、一般的なドイツ語で「パンケーキ」の意味である。南ドイツとオーストリアの一部ではクラップフェンと呼ぶ。それ以外のオーストリアではクルーラーと呼んでいる。

スフガニーヤー

ベルリーナーは伝統的に大晦日(ジルヴェスター)及び謝肉祭の祝日を祝って食べる。ユダヤ教徒の間では「スフガニーヤー(sfganiyah)」と呼ばれ、ハヌカーを祝って食べられる。

出典:ウィキペディア ベルリナー・プファンクーヘン

ドイツでは、クリスマスに、シュトレンやレープクーヘンをたべるのは、とてもドイツらしくていいのだけれど、

大晦日に食べる、このプファンクーヘン(ベルリナー)は、あまりにも普通過ぎて、へえ~という感じで、全然、大晦日な感じがしないのです。

[kanren postid="2889"]

[kanren postid="2599"]

お蕎麦か、うどんか、中華めんでもつくろうかな・・・という感じです。(パスタに重曹を入れると、中華めんになると、どっかで見たな・・)

ベルリンのカウントダウンは、まるで戦争のように爆竹が、花火が・・・

昨年、はじめてのベルリンでのカウントダウンをテレビで見ながら、噂で聞いていましたので、家で安全確保しながら、周りの様子を見ていましたが、

家の中からでも、ものすごい、爆竹の音が、そして、花火が、まるで、爆弾のようでした・・・

ヒュ~~~ヒュ~~~ドカンドカン・・ゴゴゴゴ~~~

語学学校の先生も言っていましたね・・なんで、ベルリンのカウントダウンはものすごいのかって・・

そして、けが人も続出しているそうです・・花火でやけどとか、手を負傷とか・・

今年から新年へ恐る恐る・・体験いたします・・(怖)

来年も素晴らしい年でありますように心より願っております。

良い新年をお迎えください。

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.