『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ほっこり母親学

2017年になりました。時間についての3つの考え方を知る。

2017年、あけましておめでとうございます。今年も素晴らしい年でありますように。

2016年が終わり、2017年になりましたね。除夜の鐘を聞きながら、そして、カウンントダウンをして、新年を迎えたわけです。

時間とは、何でしょうか? 時間についての3つの考え方があります。

  1. 子供や原始人のように、時間を意識しない考え方。
  2. はじまりがあり、終わりがあるという時間の捉え方。
  3. 季節、干支のように、周っているという時間の捉え方。

毎日生活していて、時間に追われたり、時間がな~いという感覚も多いですね。

そんなときに、時間に対する3つの考え方を知って、うまく時間の感覚を自分なりにコントロールできると良いと思うのです。

1.子供や原始人のように、時間の感覚をもたない

こんな時間の感覚は、羨ましいですね・・何時であろうと、気にしない感覚。

子供時代は、何時であろうとも、ずっと遊んでいますね。そして、原始時代もきっと、そうであったのでしょう。現在でも、原住民の方などは、この感覚に近いのかもしれません。島の人々もこの感覚に近いですね。

私たちも、お休みの日には、時間を気にせずに、過ごしたいものです。1週間に1日くらいは、時間の感覚を気にせずに過ごすことも大切なことです。

2.はじまりがあり、終わりがあるという時間の捉え方

2016年が終わり、2017年が始まった・・という時間の捉え方です。

カウントダウンというのは、この時間の捉え方から来ているのでしょう。どちらかというと、西洋的な時間の捉え方。時間が直線的に流れていく。

この時間の捉え方、感覚では、いつかは終わりが来るという感覚になります。人生も90年~100年くらいすると、終わりがくるのでしょうか・・という時間の感覚になります。

ここで終了です・・という時間の感覚は、少しさびしい感じがしますね。

3.季節や干支のように、周っているという時間の捉え方

春夏秋冬と四季がめぐってきたり、干支がめぐってきたりなど、時間は繰り返すという、どちらかというと、東洋的な時間の感覚になります。

仏教などの輪廻転生などにもつながっていく、時間の捉え方です。

また、季節が巡ってくるという感覚は、とても嬉しいものです。

輪廻転生(りんねてんせい、りんねてんしょう)

  1. 輪廻のこと。
  2. 転生のこと。
  3. 1と2をあわせた言い方。

転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。ヒンドゥー教仏教などインド哲学東洋思想において顕著だが、古代のエジプトギリシャオルペウス教ピタゴラス教団プラトン)など世界の各地に見られる。

出典:ウィキペディア 輪廻転生

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-ほっこり母親学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.