親子留学

教育移住、親子移住のお金をどのように貯めるか?

教育移住、親子移住、親子留学には、資金が必要です。これをクリアしないと、たとえ、やる気があっても、行く気があふれていても、現実問題、できません。

では、教育移住、親子移住、親子留学のためのお金を貯める方法は、どのようなものがあるのでしょうか?

1.家を売却する

もし、現在ローンを支払っているとしたら、月の支払額を少なくするか、ローンを辞めるために、家を売却する方法です。

ご実家があるとしたら、そちらにお世話になって、家を持たない方法。

家をダウンサイズ(小さくして)、ローンの総額を減らす方法。

このような方法があります。実際、我が家は、家を小さくしました。

また、現在では、ご実家がある方が非常に多いので、お世話になることを考えてみるのがお奨めです。

子供が大きくなると、広い家は結局必要ありませんので、発想を転換してみてください。

これからは、4800万円以上の家だと、子供に渡す時には、相続税がかかりますので、このあたりにも、注目です!

2.  ご両親、義理のご両親からサポートしてもらう

ご両親、または、義理のご両親からサポートしてもらい、今後お返しとして、将来的にお世話をするというのもお奨めです。

孫のために、応援したいという、ご両親、義理のご両親もたくさんおられるでしょう。このあたりを、気兼ねなく、言えるとよいですが、やはり、申し訳ないという気持ちもありますね。

しかし、子供のために、教育移住、親子移住、親子留学を実行していきたければ、必要とあらば、申し込んで、あとで、ご両親、義理のご両親に恩返しをしていくのもアリだと思います。

このあたりは、ご両親、義理のご両親との関係で変わりますので、一番良い選択をされてくださいね。

3.子供のための教育ローン

借金をするのは、あまりお勧めできませんが、仕方がなければ、借りるしかありません。銀行では、教育ローンがありますね。

私も詳しくは知りませんが、教育移住、親子移住、親子留学を実現させたければ、少し借りてでも、実行していく方が良い場合もあります。

[kanren postid="2066"]

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.