『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学

親子留学で年末年始を賢く過ごす方法

 

親子留学をしていて、年末年始をどのように過ごすのが良いのか・・家族と一緒に過ごした方がいいのだろうか・・など迷う方も多いかと思います。

やはり、お正月は日本で家族団欒をしたいと考える方も非常に多いです。

しかし、我が家は、年末年始などの混雑したときには、静かにしている方法を選択しています。

年末年始は飛行機代も高いですし、みんなが動いているときは、じっとしている・・のが賢い選択だと考えています。

 

親子留学で年末年始を賢く過ごす方法

 

年末年始など、飛行機代が高くなりますので、少し避けて安いときにすることがポイントです。

意外にも、12月31日は穴場のときもあります。24、25日も航空会社にもよりますが、安いところもあります。

[kanren postid="3141"]

どうせなら、時期を外して、安い航空運賃のときを狙いたいものですが、そうすると、家族との休みが合わないということもありますね。

我が家の考え方は、飛行機に乗って移動というのは、身体が疲れますので、極力しない・・という考えです。バブル時代は、海外での交渉のビジネスマンなどは、何度も海外に行き来をして、過労な方が多かったと聞いていました。

欧州の中の旅行も、飛行機の方が時間も短く、安いですし、簡単ですが、環境のことをも考えて、なるべく電車を選択します。欧州こそは、列車の旅が高くてもおすすめです。欧州の景色を楽しむという意味があります。

ロンドンからパリに行く(その逆の)際にも、ぜひ、ユーロスターでドーバー海峡を渡ってください。フランスのカレーに上陸すると、一斉にみなさんで拍手をしますので楽しいです。

シアトルからバンクーバーへ行くときも、電車を使いました。3時間海沿いを走りますが、バンクーバーに近づいて行くあたりの海の景色はとても綺麗でした。

ブタペストに行ったときも、ザルツブルグからザルツカンマーグートに行ったときも電車の旅でした。

[kanren postid="3681"]

[kanren postid="4439"]

[kanren postid="4460"]

[kanren postid="4481"]

[kanren postid="4504"]

[kanren postid="4539"]

 

結論としては、混んだり、高い時期を避けるということは大事かもしれないですね。

そして、年末年始の賢い過ごし方のオススメは、イベントはしない・・

我が家では、習慣も、イベントも、なにも・・手放すこと挑戦をして、ミニマムな生活を試みています。

習慣とか、伝統とか・・何もいらないというチャレンジです。

クリスマスもお正月も何もしませんでした・・。いらないな・・と思いました。

したことといえば、善き2020年になりますように・・と想っただけです。

とてもラクで、清らかな年末年始でした。

 

イベントに振り回されない・・・

 

我が家は、日本のイベントにも、ドイツのイベントにも参加していない状態です。ドイツの方も、毎回せっせと旅行に行かれているのを目撃します。1年前から計画をしているようです。

ドイツ語の先生が面白いことを言っていました。ドイツ人なみんなマヨルカ島などに旅行にいく、これは、Schafnatur (羊) であると・・。(このようなことをいう先生だったのね・・という感じで・・)

ドイツでも、わかっている方は、もう気がついている方も多いのかな・・と思いました。

イベントにはなるべく参加をしないで、自分にとって大事なことを大切にしていきたいと考えています。

外側の充実より、内側を大事にすることを2020年は特に力を入れていきたいと思います。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.