ドイツの学校11年生、12年生のアビトウーア準備ですることとは?

息子のドイツの学校生活も進んでいき、ドイツの大学入学のための

アビトウーア試験のための準備をする学年にちかづいてきました。

 

ドイツの大学入学のための試験アビトウーアは、統一されていないの怪!?

 

こちらの試験、アビトウーアは、学校で行われるので、

また、評価も学校ごとなので、全国で統一しているわけでなく、本当に不思議です。

つまり、評価が厳しいギムナジウムの学校で点数がつけられる場合と

評価が甘いゼクンダールシューレで学校の点数がつけられる場合とで、

点数は、同じみたいなので・・・

より評価の甘い学校に通学していた方が、

良い点数をもらえるということ??らしいのです。

日本だと、こんな感じだと、基準がないなど、相当ブーイングがきそうですが、

ドイツベルリンの生徒たちをみていると、そんなこと、どうでもいい感じが・・・。

これって、どういう意味なのかね・・など息子と話してみたりしています。

日本の価値観とは違い、点数など、どうでもよくて、ある程度取れればよくて、

基準がないと不公平だ・・なんて、セコイこと、細かいことなどは考えなくて、

自分の好きな科目で点数をとって、それなりの大学に進めばいいんじゃない・・・

そんな価値観でしょうか・・。

大事なのは、大学に進んでからですからね・・。

ドイツの大学は、入学しても、簡単には、卒業ができないですから・・。

(日本は、大学に入学しただけで、やった!ということで、

そのあたりの価値観も違いますよね・・・)

 

18歳ごろまでに、自分の方向性、将来の仕事の分野を見つけること!

 

日本では、大学受験などもあり、まあ、大学に入学してから、将来のことも決めていけばいいか・・

みたいなところがありますね。学部、学科というより、より有名な大学の名前がほしい・・というところが・・。

海外の大学の選択では、大学名より、学部、学科を中心として、選ぶようになります。

そして、卒業した学部、学科が職業と直結していなければいけないので、学部、学科選びが

非常に重要になってきます。

だから、ある程度、職業の目安をつけておいてから、学部、学科を選べ・・になります。

日本のように、理系の大学院卒業で、民放のアナウンサーというコースはありえないですね。

海外だったら、理系の大学院卒でも、もう一度、

テレビ放送学科とか、ジャーナリズム学科あたりでの

学士レベルが最低限必要ですね。

ということは、学部、学科選びを間違えると、もう一度、学士からやり直し・・・となります。

だから、アビトーアを取得しても、すぐに大学に入学しない生徒も多いのですね。

学部、学科選びに真剣に迷っているわけです。

実際に、1年間、アビトーア取得後、動きがないという、息子の年上の友人がいます・・。

相当、大学選びに迷っているのか・・何かをしようとしているのか・・と

スイスでマラソンをしていたり、フランスでアルバイトをしていたりなど・・、

息子はよく、友人のインスタをチェックしていますけどね。

我が家でも、この2年、3年くらい、息子も、迷いに迷いそうですね。

そんな迷いの16歳、17歳、18歳・・・羨ましいですけどね。

私などは、日本で大学受験に合格するために進んでいただけですから・・。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。