『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ベルリン親子移住とおすすめ地域

ベルリン親子移住と2つの住みやすい地域

ベルリン親子移住をする場合に、住みやすい地域とは、

  • 学校のレベルが高い地域
  • 買い物に便利な地域
  • 治安が良い 安全である
  • 公園がたくさんある
  • 交通の便がよい

このような観点から考えてみると、2つの地域が挙げられます。

1.シャルロッテンブルグ地区

2.シュテグリッツ地区

他にも、お洒落で、若者に人気でカフェがたくさんある地区(プランツラウワーベルグ)、高級住宅街の富裕層が住む地域(グリューネバルド)などもありますが、子供の教育とお母さんの買い物という観点から考えると、上記の2つに絞られます。

シャルロッテンブルグ地区とは?

クーファーステンダム通り(通称クーダム通り)が近くにあるシャルロッテンブルグ地区は、ベルリンの中でも、良い地域と言われ、ドイツの大学入学資格アビトウアの得点も高い学校もあり、買い物にも便利です。

日本で言えば、東京の銀座通り、丸の内通りの雰囲気を、近くで満喫されたい方には、このあたりは、お奨めです。シャルロッテンブルグという、フランス風のお城の雰囲気も楽しめますし、その近くの公園、川沿いなどのお散歩もとても良い雰囲気です。

クーダム通りを歩いて行くと、最大級のデパートKADEWE (カーデーヴェー)がります。欧州では、ロンドンのハロッズに次ぐ、規模です。

その他、クーダム通りでは、いろいろなショッピングが楽しめます。カフェやレストランもたくさんあります。

クーダム通りに平行しているカーン通りは、アジアレストランが集まっています。

2週間に1度は、必ず、クーダム通りをブラブラお散歩します。

シュテグリッツ地区とは?

西ドイツ時代は、第1の繁華街は、クーダム通りと言われ、第2の繁華街は、シュテグリッツ地区のシュロス通りと言われていました。

シュテグリッツ地区は、中心街から電車で10分くらいの郊外になりますが、とても便利で、この地区に住んでいれば、中心まで行かなくても全て済みます。

この地区の良いところは、すべてのお店が集中しているので、一度に必要なものを買いそろえることができるところです。

また、少し南にいけば、湖があり、自然が多くなってきます。バンゼー(湖)やポツダムまでも30分くらいです。高級住宅街のグリューネバルドも近く、植物園やベルリン自由大学なども近くになります。

ベルリン自由大学の近辺には、よい小学校、ギムナジウム、ゼクンダールシューレが集まっています。

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.