ドイツ親子留学のためのビザ、滞在許可証を考察してみる!

なぜ、ドイツには独立自営業ビザ、フリーランスビザがあるのか?

英語圏では、起業ビザを取得するには、何千万の資金が必要で、また、芸術家ビザでもよほど有名でないと取得することができません。

しかし、欧州、ドイツなどでは、独立自営業ビザやフリーランスビザなどが存在します。どういうことなのかという、ポイントを考察してみました。

また、フリーランスという言葉は、曲者で、日本でいう、フリーランスとは違います。

ドイツのフリーランスは、専門性を意味します。医者、弁護士、建築士、ITプログラマー・・・などなどの専門職で、審査で認められた方のみになります。

審査は、当日で許可が出る場合と、3か月くらい要する場合があります。

フリーランスビザの中でも、もう少し寛容な部門もあるようです。

1.ドイツ人、現地人から雇用を奪わないなら、滞在OK!

ドイツ国内でも就職したくてもできない方がたくさんいます。その方たちから、職業を奪うようであれば、滞在は許可されないのです。よほど高技能でなければ、滞在許可はおりません。しかし、現地人から雇用を奪わないのであれば、許可が下りるという前提になります。

2.雇われずに、自分で稼ぐことが可能ならば、OK!

ドイツの滞在許可がおりる条件として、ドイツ国内に経済的貢献をもたらす、利益をもたらすという意味合いがあります。ですので、雇われずに、自分で稼ぐことができ、経済的貢献があれば、滞在許可をするということになります。

3.生活が成り立つのならば、OK!

上記のように、現地人の雇用を奪わず、経済的貢献をし、自分で稼ぎ、そして、生活が成り立つのであれば、滞在許可を発行しましょうということになるのです。これがつまり、フリーランスビザの意味なのです。日本からの収入でもいいですし、仕送りでもいいですし、現地収入でもいいですし、雇用されずに、自分で稼ぐことができれば、可能なのです。自分で仕事を作っていきましょう。

ドイツのビザ(滞在許可証)は、外国人局の采配に任されている!

欧州全体、ドイツの例外でなく、滞在許可は、外国人局の采配に任されています。州によっても違いますし、担当する人によっても違います。ですので、運が良ければ取得できますと書いている方もいらっしゃいます。

また、時代によって、ビザ、滞在許可というものはよく変わりますので、ドイツの親子留学、移住を希望するならば、そのあたりも注意が必要です。

親切な外国人局担当者、厳しい外国人局担当者でも違ってきますね。

大切なのは、生活が可能であることを証明する、資金証明をしっかり提出することです。

では、どうすればよいのでしょうか?

ドイツ親子留学、移住を実現するためには、最新情報を調べ、専門家、弁護士の指示に従い、最新情報の書類を怠りなく準備して揃えれば大丈夫です。

ドイツの遅れている点は、いまだに紙の書類を膨大に提出しなければいけない点です。PCで作成して、PDFで送信することができ、オンライン申請ができれば、便利ですが、そのようにはなっていません。

オーストラリアの学生ビザなどは、オンライン申請できますので、便利ですが、欧州はその点で遅れています。

外国人局で申請する場合は、面接のような状態になりますので、時間もかかり、予約してから申請までの日数もかかり、しんどいですが、ぜひとも、ドイツ親子留学、移住に向けて、進んでみてください。

ドイツ移住ですべての留学問題が解決する!ドイツ親子移住で子供の可能性を広げよう。

2016.06.10

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。