ドイツ親子留学のために役立つ日本語で相談できる弁護士事務所、その他会社など

ドイツ親子留学のためのドイツ・ベルリンで日本語で相談ができる弁護士事務所、会社などは?

ドイツ人に相談しているのだけれど、日本語で法律問題などが相談できるのは、本当に嬉しいものです。

ドイツ語でなくて、英語で法律の相談をするのも、難しいものですよね。ニュアンスなども難しいものです。

そんなときに心強い、日本語で相談できる法律事務所がベルリンの東南部の素敵な場所にあります。

ゼンガー法律事務所になります。

こちらがサイトです。

また、ドイツ人で日本語にて、移住コンサルタントをしている会社です。

JAP-Consulting & iCom Sprachschule GbR

こちらは、日本の不動産会社になります。

ウィンドゲートベルリン支社

他にも、いろいろありますので、検索してみてくださいね!

ドイツの滞在許可証は、外国人局の采配に任されている!

欧州全体、ドイツの例外でなく、滞在許可は、外国人局の采配に任されています。州によっても違いますし、担当する人によっても違います。ですので、運が良ければ取得できますと書いている方もいらっしゃいます。

また、時代によって、ビザ、滞在許可というものはよく変わりますので、ドイツの親子留学、移住を希望するならば、そのあたりも注意が必要です。

親切な外国人局担当者、厳しい外国人局担当者でも違ってきます。また、州によっても対応がちがいますので、注意されてください。

では、どうすればよいのでしょうか?

ドイツ親子留学、移住を実現するためには、最新情報を調べ、専門家、弁護士の指示に従い、最新情報の書類を怠りなく準備することです。

ドイツの遅れている点は、いまだに紙の書類を膨大に提出しなければいけない点です。PCで作成して、PDFで送信することができ、オンライン申請ができれば、便利ですが、そのようにはなっていません。

オーストラリアの学生ビザなどは、オンライン申請できますので、便利ですが、欧州はその点で遅れています。

外国人局で申請する場合は、面接のような状態になりますので、時間もかかり、予約してから申請までの日数もかかり、しんどいですが、ぜひとも、ドイツ親子留学、移住に向けて、進んでみてください。

ドイツ親子留学のために参考になるサイト

ドイツ大使館 ビザについてのサイト

ドイツの学校リスト

ドイツのFederal Office for Migration and Refugees のサイト

ベルリンのサイト

ドイツの家探しのためのサイト

 

ドイツ親子留学をご希望の方は、メルマガを登録されてくださいね!

小冊子もプレゼントしております。

 

 

ドイツ移住ですべての留学問題が解決する!ドイツ親子移住で子供の可能性を広げよう。

2016.06.10

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。