『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

ほっこり母親学

海外留学を決断できない、迷ってしまうと時間の無駄になる!

もう、これからの時代は、海外に留学したことがない・・・

というと、日本でも就職のチャンスも少なくなり、

ブラック企業に出会ってしまう・・という時代に突入しましたのかもしれません・・。

子供に最低1年は、海外留学のチャンスをあたえよう!しかし、なぜ、決断できずに、迷ってしまうのでしょうか?

子供さんには、最低でも、1年くらいの留学経験、海外生活経験を与えること・・

これは、今の時代、非常に大事なのではと思っています。

観光ビザ範囲の90日くらいだと、あっという間ですので、できたら、

最低でも、1年の留学経験を子供に財産として与えたいものです。

それに、デトックスを兼ねて、1年くらい海外留学をした方が、将来的によいのでは・・・。

また、海外留学をするかどうか、決断に迷ってしまうと、時間の無駄になってしまいます。

子供が小学生のうちに、海外留学経験を積ませたいならば、早めの計画が必要だからです。

2、3年の海外留学が必要ならば、中学の帰国子女制度にあわせて、

3年が必要なら、さかのぼって、計画しなければいけません・・。

中学生から、海外留学、親子留学するなら、2年、3年で、

高校の帰国子女制度にあわせて、計画しなければいけないのです。

日本に帰国しないのならば、大丈夫ですが・・。

海外留学が決断できないのは、資金がかかることと、それの費用対効果が本当にあるのだろうか・・・という点だと思います。

今の時代、子供が留学を経験して、損になることはありません。

むしろ、留学費用の何倍もの、将来性、可能性がもどってきます。

ご両親様、義理ご両親様などは、反対するかもしれませんが、

そして、ご主人などは、大学生になってからでいいのでは・・・と、おっしゃると思います。

大学生になってからでは、遅いんですね・・。

大学生になってからは、自分で留学するようになりますので・・。

その前に、親子で留学をするというチャンスを与えて欲しいと思っています。

働いているお母さんは、仕事を辞めることができない・・という問題もあります。

今のお母さんの仕事を続けて、子供に親子留学のチャンスをあたえないのか・・・

それとも、仕事をやめてでも、子供と親子留学をするのか・・・。

お母さんが働いている場合は、単身での海外留学もありますが、ちょっと寂しいですよね。

それがいいと思われている方も多いですので、それもありですが・・。

海外留学を迷っている場合ではなく、チャンスがあれば、どこへでも行くという時代ではないか・・

海外留学をするか・・しないか・・と迷っている時代ではないと思うのです。

チャンスがあれば、行けるところがあれば、その費用などがあれば、どこへでもいく・・・

もうそのような時代になっています。

日本の学費にかけるくらいなら、それを海外留学のために使った方が得策です。

ぜひ、海外留学を迷わずに、決断して欲しいと思います。

ドイツ親子留学も1つのチャンスですし、他にもあるかもしれません。

小学校の間に、海外留学を親子で経験して欲しいと思っております。

 

 

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年も後半となり、親子留学10年目・・この頃は、親も子供も自立が大切であると思い、特にお母さんが自立をして、ウェブ起業をして、子供に背中を見せていく、これが親子留学でも大事だと考えています。柔軟に、臨機応変に行動した人、行動は数も必要。自立していくお母さんを応援しています! 子供の教育と同時進行です!

-ほっこり母親学

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.