子供に伝えたい、なんでもうまく進める方法 

子供には、なんでも、私が知っている大事なことを伝授していきたい・・

これは、私がいつも重要視していることです。

子供に伝えたい、なんでもうまく進める方法

私がこんなことを書くのもどうかと自分でも思いながら、年の功だからいいかとか思いつつ、

私が、なんでもうまくいくかというと、そんなことはなくて、

いつも問題だらけで、問題発生! ばかりといえば、そうでもあります。

しかし、どんなことが起ころうとも、落ち着いていられる術を持っています。

たぶん、年齢が半世紀以上だからだと思います。

ですので、いつも息子にも伝えています。

どんな人にも、怒りをもってはいけない、どんな人も悪くいってはいけない、

どんな人も責めてはいけない、 どんな人も攻撃してはいけない・・・

たぶん、若い方、世の中の全ての方が、誰かに怒りを持っていたり、

恨んでいたり、責めていたり・・・そんな方が非常に多いかと思います。

しかし、息子には、誰に対しても、絶対にそういう感情をもってはいけない・・・

と、ものすごく真剣に伝授しています。

なぜなら、自分が相手にそういう感情をもつと、逆に、自分が傷つくのです!

問題は、ここなのです!

相手に投げかけた感情は、自分のところにブーメランのように舞い戻ってくるのです。

毎日の日常生活で、これを完璧に実行するのは、意外にも至難の技です。

だから、息子には、ものすごく必死に伝えています。

誰に対しても、悪い感情をもってはいけないと・・・

いつも誰に対しても、中庸であり、優しくあることが、自分の身体と精神にどれだけ

有益であることか・・・。私はいつも実行しています。

そして、自分で実行してみて、本当にそうであると、実感しているのです。

病気になる方、精神的にダメージになっている方は、自分が負の感情をだれかに対してもっているからなのです。

このことに気がついた時、本当に自分の中で、会得した時、どんなことでも、すべてがうまく進んでいきます。

中庸であり、調和的であり、優しくあることは、超絶的な価値がある!

動物などは、人間より、中庸であり、調和的であり、優しい場合が多いですね。

動物より劣る私たち・・ですね。

なぜ、人間の方が劣るのかと考えると、動物がもっていないものをやたらともっているからです。

お金、地位、名誉  などなど。

ボスザルとかは、地位とかがありますよね。ライオンとかもね。

すると、やはり、これですね・・・お金か・・・

お金で、すべてを狂わされている、私たち、人間ですね。

刑事コロンボなどでも、動機のほとんどが、お金、地位、名誉ですしね・・。

お金がない世界だったら、本当に素晴らしいのに、そんなこともいっていられないので、

お金などより、中庸、調和的、優しくあること・・・の方に注目して

毎日を過ごしていきたいものです。

中庸、調和的、優しくあること・・を意識するだけで、本当に毎日が違ってきます。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。