ドイツ生活とお母さんの家事を超絶!ラクにする方法

我が家は、ドイツ生活をはじめてから、家事がものすごくラクになりました。理由は、いらないモノ、する必要がないコトがわかったからです。

もし、私の意見が参考になれば、お母さんたちの家事がラクになると思い・・・書いてみたいと思います。

料理をほとんどしない!素材をそのまま食べる!

今風にいうと、ローフードというのでしょうか・・

結局は、ローフードというか、シンプルな食事が身体にもいいし、消化にもよいことがわかり、ごちゃごちゃ料理しないことにしました。

朝食は、フルーツですし、昼食は、息子はお弁当で、塩おにぎり他・・夕食は、スープとサラダとご飯が多いのですが、

夕食のスープを料理するぐらいですので、これも、材料を切って、入れるだけですので、ほとんど、料理らしいことは、しません。

日本の家庭料理は、酢の物、煮物、焼き魚、お味噌汁、ご飯 などの定番がありますが、多すぎませんか?夕食なのに・・

天ぷらなどの、揚げ物も身体によくないので、さよならしました。炒めものも時々ですね・・

肉と卵を同時に食べるなどの・・タンパク質を2つ重ねるのは、消化に負担ですね・・親子丼、とんかつ、マーボ豆腐なども、2つのタンパク質が重なっていますよね・・

一汁一菜で、よいのではないでしょうか・・

ドイツでは、夕食は、コールドミールといって、パンにチーズや野菜を挟むくらいだそうですので、そして、夕食は、火を使わない料理がいいと言われています。

お皿は、お湯だけで洗う

良質なオイルを使っているので、お皿なども、お湯だけで洗います。

簡単に終わりますし、さらに、お皿数を少なくすれば、簡単です。

家の掃除は、週末にする

基本的に、メンテナンスフリー状態にして、使ったら、元に戻す、置く場所を決めていますので、掃除は、1週間に1回で済みます。

週末に掃除をしてから、フローリングの水拭きをするだけです。

家の中は、気が付いたときに、重曹で、ちょこっとだけ、掃除をして、綺麗にします。

洗濯は、家の中で干すので、夜に

ドイツでは、バルコニーの見えるところに、洗濯を干してはいけないので、みなさん、家の中で干します。

夜寝る前に、洗濯して干しておけばよいのです。そうすることで、昼間は、何もしなくてよいことになります。

アイロンはなるべくかけなくてよいように、しわになりやすいものは、手で洗います。

以上ですが、あたりまえなことですが、超絶!に、ラクだと思いませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。