ドイツ親子留学で子供の可能性を広げるために親が子供に伝えること

ドイツ親子留学をすることで、やはり親として多くの方が、

せっかく海外に出たのだから、子供の可能性を広げたい・・と思ってしまいます。

子供の可能性は、もちろん広がっているのですが、すぐに結果が目に見えるわけでもなく、

問題は、日本でもよくある、すぐに結果を出したい、成功したい・・という、

親の欲望、親の価値観に問題があるのだと思っています。

何をもって成功とするのか?何をもって失敗とするのか?

息子などは、熱狂的なサッカーファンですので、勝ち負け、勝負事が大好きです。

私は、勝ち負けとか・・どうでもいいし・・・・と思ってしまいます。

でも、息子に言わせると、どのように点数を入れていくかのプロセス、方法などが

面白いそうで、上手いサッカー選手は、そのプロセスがさすがだそうで・・。

日本の方は、成功した、失敗した・・という概念に囚われている方も多いかと思います。

またまた、半世紀以上生きている年の功発言ですが、有名になるくらい成功している方、お金をものすごく稼いでいる方などもみてきていますが、

どんなにみなさんがうらやましい感じの方でも、実はちっとも幸せそうでもない方も多くて、

世の中というものは、バランスがうまくとれているようになっているみたいで、

たくさんのことを得ている方は、それなりに大変で煩雑でしんどい方が多いということなのです。

一方、うだつがあがらないで、大したことなさそうな感じの方の方が、むしろ、

余裕があり幸せそうであったりすることも多いのかな・・とも、ずっとみてきています。

なんだかんだ言って、人それぞれで、すべては、その人の価値観次第、その人がどう想うか、考えるか次第なのです。

つまり、成功と失敗という、2つの極端な概念、白と黒のような概念は、

ただ、故意に作り出されたものだけで、その間に、どれくらいの微細なレベルがあるのか・・・ということなのです。

できる・・といっても、どれくらいのレベルのできるなのかは、無限大で、その人次第。

もう、できない・・といっても、どれくらいのレベルのできないのかも、無限大で、その人次第。

だったら、子供のためにも、親が、できる・・という絶対的な価値観をもって、進んでいく方がいいわけです。

私の感覚だと、できない・・というと、すごろくなどで、振り出しに戻る、ゼロに戻る・・という感覚になってしまいます。

良いことはゆっくりと進んでいく 結果を焦らないこと

良きことはゆっくりと進んでいく・・・どこかで聞いたことがあります。

とくに、子育て、子供の成長とはまさにこれで、親が意識して、ゆっくりと進まないといけないのですが、

世の中の風潮としては、早く結果を出して・・という雰囲気がほとんどです。

世の中の早く結果を出す方に行った方がいいのか?

それより、自分なりの進み方で、ゆっくりを目指した方がいいのか?

有名どころに就職した方でも、途中で頓挫している方も多く、でも、それなりにうまく進んでいる方もいるわけなので、本当にその方次第です。

うまく進んでいそうな方でも、実はそうでもなかったりもするわけで、本当にわからないものです。

やはり、自分次第ですね。周りを気にする、人を気にする必要はないわけです。

子供の可能性を本当に広げることを考えるなら、やはり、ゆっくりと、周りと比較することなく、

結果をすぐに求めないで、進めるのが、賢明なのかな・・といつも思っています。

なんでも期待しない、依存しないことを子供に伝える

すごくお得です・・とか、ワクワクするとか、

良いことを引き寄せるとか・・ そんな言葉をブログでもよく拝見します。

私の中では、そんなにワクワクするようなお得な良いことって、ないでしょ・・という感覚です。

なんでも期待しすぎであって、世の中、そんな甘い、おいしいことはありませんというのが現実です。

お得なこと、おいしいことをずっと求めている方は、何も得られないのでは?とも感じています。

お得なようにみえるだけ、おいしいことのように見えるだけ・・が現実ではないでしょうか?

何かお得な、おいしい目標がないと、それを目指してでないと進めないという・・・

だから、日本では、良い大学、良い就職が、クローズアップするのです。

でも、私も以前はそうでした。子供は、だいたいこの大学からアメリカの大学院に2年くらい行ってこの就職に進んで・・など、勝手にありゃりゃみたいなことを夢想していました。

主人も、持ち家をもって、車はこれで・・だいたい年収はこれくらいを目指して・・など、ありゃりゃなことを言っておりました。

期待しすぎであり、日本がこのまま良い状態で継続すると依存しすぎな発言ですよね。

時代も変わり、期待しても、依存してもいけないわけです。

ではどうすればいいのか?ということで、やはり、期待や依存、欲望などを手放して、

自分のあるがままで、自分のペースを守る・・・これしかないのではと思っています。

何があっても大丈夫、すべてを全託する・・・という、心のあり方、価値観を子供にも伝えていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。