ほっこり母親学

新年に願うこと。子供たちが幸せな一生を過ごせますように。

新年に願うこと。子供たちの幸せな一生

本当に新年に願うことは、これだけですね。自分の子供だけでなく、世界中のすべての子供たちの将来(特に、日本の)が、そして、一生が幸せであること。

なので、私は、まず、自分の子供にそれを実践させて、道を作って、同じように広めていきたいと思っています。自分の子供にできないことを、望んでもしょうがないわけで・・

残念だけれど、普通にしていたら、子供たちは、幸せにはなれないかもしれない。日本での働き方にしても、日本での勉強にしても、幸せになることからは、ほど遠いかもしれない。

子供たちが幸せになるには?

もちろん、幸せな子供時代を過ごすことが基本であるし、将来的には、好きな仕事をすることができて、余暇、休暇をしっかり取れるような環境を持つことでしょう。そして、良き配偶者と出会い、幸せな家庭を作ることができること。

こんなあたりまえのことなんだけれど、日本では、これすらが、とても難しくてできないのです。

まず、好きな仕事に就くのは、なかなかできないし、余暇や休暇をしっかり取るのは無理です。そして、幸せな家庭といっても、どこまでが・・という状態。

これを叶えることができるのは、日本では、自営業の一部の方くらいだと思います。(富裕層はできるかもしれませんね。)

世界へ目を向けてほしい

将来は、グローバル化が進むから、それに対応できるために、海外へ・・というだけでは、あまりにもちっぽけで、グローバル化に対応しただけでは、子供は幸せにならないでしょう。

だいたい、グローバル化の本質は、いったい何であるか?何を目指しているのか?を知らなければいけないわけです。(本当に良いことなのだろうか??)

そんなことより、世界を見渡せば、こんな生活をしている人がいる、こんなに幸せに生活している人がいる、お金が大切ではないのだ、進歩すればいいってもんじゃない、ということを知ってもらいたいと思うのです。

そんなことが分かったときはじめて、子供が幸せになるにはどうしたらいいかが、親子で分かってくると思うのです。

私も最近になって、ようやくわかってきました。何が大切であるかが・・・日本の外から見ないと、わからないのかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-ほっこり母親学

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.