ほとんどが毒親、毒母親、毒父親という今の時代について

なんだかんだ、偉そうなことを言っていても、ほとんどの方が毒親であり、毒母親であり、毒父親であると、

そんな認識をして、謙虚になり、子供と向き合い、手放すことではじめて、今の時代、子供は幸せになれるのかもしれません・・・。

私は、今、いつもこんなことを考えています・・・。

みんな毒親なのですね・・

ほとんど全員、広い意味で、毒親なのですが、もちろん、私もそうだと思いますし、

毒親だけでなく、毒教師、毒祖父母、毒親戚などもいらっしゃると思います。

簡単にまとめると、毒社会かもしれないですね。

食品も添加物、農薬だらけですので、毒ですし、まあ、ポイズンだらけといっていいのかもしれません。

そんな中で、子供がよく育つわけがなく・・・。

英才教育で、今、輝いていたとしても、将来的にはどうなるかわからないですしね・・。

子供が健やかに成長して、成人になって、40歳、60歳、80歳、90歳、100歳、・・・と、

ずっと健全に健康に一生をすごしていくにはどうしたらよいのか・・・と考えます。

やはり、親の価値観が大切で、親の良い価値観を子供に伝えるだけですね。

毒親にならないために・・

本日で、息子のギムナジウムの10年生も終了して、成績表なども持ち帰って来ましたが、

母親の私には関係ありませんので、さっさと見ないで、ファイルをしただけです。

息子は、これから、11年生、12年生でしっかりとアビトウアの準備をしていきますが、今までの成績などは

関係ないそうで、終わった・・・通過した・・・と言っておりました。

明日から、夏休みに突入です。

我が家では、夏休みは、なんにもしない、将来のために栄養を蓄える時期です。

日本の母校の同級生たちは、高校2年生で、大学受験準備真っ盛りで、夏期講習とかでしょうか・・。

私は、毒親ゼロをめざして、精進していかなければ・・・。

そう、問題なのは、子供ではなく、親の方です。

親が価値観を内側から変えて、良い影響を子供に与えなくては・・・

変わらなければいけないのは、問題児なのは、親なのです。

子供に自分の願いを託してはいけない・・

息子には、・・・になってもらいたいです・・

娘には、・・・になってもらいたいです・・

などと、よく聞きます。親御さんも、子供さんの将来のことを考えて、言っていると思うのです。

しかし、こんなことすら、余計なことなんですね・・。

よく考えてみれば、子供にとっては、大きなお世話ですね。

子供が自分で、親から離れて、親のレールをはずれて、決めることですものね・・。

子供にも、親孝行とか、親の恩とかを考える必要はないと、伝えなくてはいけないですね。

なぜなら、子供は、親のために何かをしたいと考えるものだからです。

私たち親世代も、自分の両親、義理両親に縛られる必要はないのです。

そのためには、親の自立ですね。

子供に面倒をかける親であってはいけない。

自分の足で最後まで歩き、自分で買い物くらいできる、人に頼らない・・・

これが60歳、70歳、80歳、90歳、100歳でも、できていないと・・

さあ、今から、準備しよう!

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。