オーストラリア入国審査でドキドキした話より

オーストラリア親子留学時代は、数回日本に帰国しているのですが、帰国するたびに、日本にしかないものを豪州に持って行きました。

オーストラリアには、味噌は売っているのですが、どうしても、本物の生味噌を持ち込みたくて、手荷物で持って行きました。

オーストラリア入国審査では、加工品は持ち込みOKになっています。

しかし、入国突然に、”生味噌は大丈夫かな?”と不安になりました。生ですから、普通の味噌と違うかな?と。。。

少し、不安が顔に出ていたのか、入国審査では、やはり、特別に荷物を検査する方に呼ばれてしまいました。入国検査官はよく見ていますね。また、荷物もものすごい量でしたので、目につけられたのかもしれません。

最初のX線での手荷物検査では、”鳥のえさをもってきているか?”と尋ねられました。(生味噌の数種類の穀物が鳥のえさと反応?)

その後、すべての荷物を検査されるのですが、最初に生味噌について、聞こうと思い、自ら、生味噌を出しました。

”生味噌を日本から持ってきましたが、加工品ですので、大丈夫ですよね。。”

”検査官は、表、裏をよく見ながら大丈夫です。。”と。。

情報:生味噌は持ち込みOKですね!

大丈夫だと思いつつも、こういう検査は、ビクビクしますね。。(少し、心臓にも悪いですしね。。)

このような思い出もたくさんありますが、ときどき、忘れていて、はっ!と思い出すこともしばしばです。

日常の普通のことが、親子留学の情報でも大事ですね。

他にも、日本から大量の本を持ってきてしまつたが、結局読まなかったとか、

日本から大量のクスリ類をもってきたものの、オーストラリアで買った方が良かった。ホメオパシーも手に入るなど。

究極をいえば、そして、今までの経験からいうと、何も持って行く必要はないのです。すべて現地調達で行けます。

持って行く荷物料金、手間、疲れるなどを総合的に考えると、何ももっていかないのが、得策です。しかし、最初は不安で持って行ってしまうもの。

郷に入れば、郷に従え。。この精神が大事ですね。

さまざまな親子留学の疑問やご質問なども解決しておりますので、コンサルティングをご利用されてくださいね。

海外親子留学生活6年目でわかった大事な5つのこと

2016.05.07

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。