ドイツ親子移住には、希少価値がある!?

子供と親子留学を希望される方はどの国がいいかと迷われると思います。オーストラリアでの親子留学、ニュージーランドでの親子留学、カナダでの親子留学、ハワイでの親子留学、マレーシアでの親子留学、フィリピンでの親子留学など、英語圏の親子留学をまず、考えられます。

生活費を考えると、フィリピンやマレーシアが物価が安く、お手頃なので、東南アジアの親子留学を考える方も多いです。

その中で、発想転換が出来た方、欧州に興味がある方などは、ドイツに興味を持ってくださいます。

ドイツ語という壁がみなさんあるようですが、学校のレベルからいうと、どの国よりも質が高いのですが、わかりにくさで、そのあたりも隠れています。

ドイツ親子移住の価値とは、どこにあるのでしょうか?

ドイツ語に需要はあるのか?

コンサルティングを受けて頂いた方のご主人さまが、

”ドイツ語は需要があるのか?” と心配されたそうです。

これは、日本の会社で働く場合を想定されていますね。

今回、イギリスがEU離脱したことによって、ロンドンを欧州の中心としていた日本の会社が、ドイツに欧州の中心拠点を移動させてくる可能性もありますし、日本の商社やメーカーなどは、ドイツ駐在の方もたくさんいらっしゃいます。

ドイツは、アメリカ、中国に次ぐ、日本人が多く住む国です。特に、日本の会社からドイツに海外駐在されている方が多いですね。

ですので、ドイツ語に需要はあるのか?ですが、こちらは、それなりに需要はありますし、日本の会社では、重宝されると思います。また、サッカーでは、日本人がドイツのブンデスリーガに続々と来ていますので、そのあたりでも、必要性を感じます。

ドイツ親子留学の価値は、希少価値である!

ドイツ親子留学の価値は、希少価値であり、まだ、空いている道であり、できるなら、挑戦した方がいいと思うのです。

英語はだれでも勉強しますが、ドイツ語は、かなり少数派になりますので、特技や特徴になりやすいですね。

例えるならば、英語は、必要だけれども、満員電車に乗るようなもので、ドイツ語は空いた電車に乗るようなものかもしれません。

ですので、座れる確率は、空いた電車、つまり、ドイツ語の方に軍配があるのです。就職できる確率もそのようなことが言えるかもしれません。

ドイツ親子移住の価値とは、英語に比べれば、希少価値なのです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。