『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ

ベルリン自由大学

ベルリン自由大学とは?

ベルリンにある有名な大学です。旧西ベルリン地区にある大学です。

フンボルト大学がベルリン最古の大学であるのに比べて、ベルリン自由大学は、新しい大学です。

南西部の閑静なダーレム地区にあります。世界ランキング100位以内に入っています。

日本と比べると、東京大学、京都大学の次くらいのランキングでしょうか・・

ベルリンのギムナジウムを卒業して、普通にみなさん入学されています。

ベルリン自由大学公式ホームページ

ベルリン自由大学(ベルリンじゆうだいがく、ドイツ語: Freie Universität Berlin, 英語: Free University of Berlin)は、ドイツベルリンに所在する総合大学である。

ドイツとヨーロッパ大陸における主要な研究大学の一つであり、ベルリンに所在する4つの大学の中で最も規模が大きい。「英タイムズ・ハイアー・エデュケーション」による「世界大学ランキング」では、72位。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティ (Exzellenzinitiative) に指定された十一大学の一つである[1]。大学における研究は、自然科学の諸分野と並んで社会科学人文科学に重点が置かれているのが特徴である。冷戦の初期、ソビエト連邦占領当局による統制が日増しに強まっていたフリードリヒ・ヴィルヘルム大学ベルリン(Friedrich-Wilhelms-Universität zu Berlin, 今日のフンボルト大学ベルリン)から学生や教授らが離反し、1948年に西ベルリンに設立された。ベルリン自由大学の名称は、ソ連占領地域とは対照的な、自由な世界の一部としての当時の西ベルリンの状況に由来している。

現在ベルリン自由大学は、フンボルト大学と共同で運営しているシャリテ医科大学 (Charité) を除くと、ドイツ研究財団 (Deutsche Forschungsgemeinschaft, DFG) の8つの共同研究センターを主導しており、また同財団の5つの研究ユニットを持っている。研究者に関しては、研究業績に対して与えられるドイツで最も有名な賞、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を、現在まで15人のベルリン自由大学の研究者が受賞している。

出典: ウィキペディア ベルリン自由大学

[kanren postid="2059"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

添田衣織 そえだいおり

2021年となり、親子留学も11年目になりました。親子留学とは、我が家にとって必須な旅であった・・新しい家族の創造をして、新しい価値観へと変換していくためにも大切なきっかけであった・・親子留学のためにも、お母さんのウェブ起業を応援しています。親子留学、ほっこり母親学、ウェブ起業へと、さらにウェブメディアへと広げてまいりましょう!

-親子留学, ドイツ

Copyright© 親子留学のすすめと子供の教育のコツ  , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.