親子留学同然!英語環境をつくる簡単な4つの方法

eigo-kankyo

今では、赤ちゃん時代から、幼児期、それに大人までもが、英語をマスターしたいという思いから、情報があふれかえっています。もし、自宅、家の中で、簡単に英語環境が作ることができれば、英語の上達に一役買ってくれるかもしれません。子供のために、家の中で簡単に英語環境をつくる4つの方法を見ていきたいと思います。

eigo-kankyo

eigo-kankyo

  1. 1.家の中で常時、英語ニュースを流しておく

まず、家の中を簡単に英語環境にするには、テレビでもラジオでもいいので、英語ニュースをいつも流しておくことです。これは、あたりまえの状態にするといいです。はじめ、慣れないうちは、英語がいつも聞こえてくることが苦痛なり、うるさいと思うかもしれませんが、そこを少し我慢すると、英語がいつも聞こえてくるのに慣れてきます。海外に住んでいるのと同じ状況になります。まずは、日本語の放送ではなく、英語のニュースを聞く習慣をつけてみましょう。英語耳が自然と身についてきます。  

2.英語の本、英字新聞をリビングの前面に出しておく

英語の耳を鍛えたら、次にやることは、英語の本や新聞をリビングで前面出しておくことです。日本語の本は、本棚の奥にしまいましょう。視界に入る本などは、すべて英語の本にしてみましょう。子供さんの英語の絵本も置いてみましょう。外国人のお宅ですか?の雰囲気になると尚更良いです。自然と英語を読む習慣がついてくると思います。すると、子供さんも英語の絵本になじみやすくなります。読むなら、英語の本というチャレンジをしてみましょう。  

3.映画は英語で鑑賞する。字幕は隠す!

映画は家族揃って、英語で鑑賞しましょう。TVの下の字幕が出るところには、紙や布を貼りつけて、字幕が見えないようにしましょう。最初は映画を観てもさっぱりわからないと思いますが、内容がわからなくても、何べんも英語で鑑賞してみましょう。内容がわからなければ、ウィキペディアで映画の内容を調べてから、また、英語で観てみましょう。こんなことをするうちに、英語で映画を観ることに慣れてきます。字幕ではわからない、おもしろいことを言っていることに気が付くかもしれません。ぜひ、簡単な映画からチャレンジしてみましょう。  

4.外国人と友達になり、家に招待する

日本にいても、外国人のお友達を作ってみましょう。そして、是非、家に招待してみましょう。外国人のお友達をつくるために、外国人が集まる場所に出かける必要もあります。積極的に、交流をしてみましょう。意外な発見があるかもしれません。世界が広がるかもしれません。英語の先生と親しくなり、家に招待してもいいかもしれません。外国人の集まる料理店で、いろいろな国の方と知り合いになることもいいかもしれません。日本にいても、いろいろと世界を広げてみましょう。   以上の4つが英語環境をつくる簡単な方法です。普通の日常生活を一工夫するだけで、英語環境が作れます。英語は、慣れでマスターできる部分が多いので、家の中を英語環境にすることは、お金もかからずに、気軽にできますので、ぜひ、試してみたいものです。子供さんは、親のつくる環境に順応していきますので、英語環境を簡単にリビングでつくることは、重要です。    

eigo-kankyo

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。