『子供と一緒に飛び発とう! 親子留学のすすめ』の本をご覧くださいね!

親子留学 ドイツ 英語教育 オーストラリア

親子留学のすすめ!英語圏にこだわらない3つの理由

ドイツの教育

留学するというと、まずは、英語圏をまず候補にあげるのが普通ですね。まずは、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスでしょうか。しかし、英語圏というのは、すべて、物価が高い国になります。また、滞在費や学費も高いのがあたりまえです。もし、英語圏にこだわらないのならば、もっと世界が広がるかもしれません。また、お得なこともたくさんあると思います。英語圏にこだわらないと、どのようなお得なことがあるのか、みていきましょう。

eigoken

eigoken

 1.英語圏にこだわらないと生活費が安い

英語圏にこだわらない、つまり、フィリピン、マレーシア、インド、中米、東ヨーロッパなどの国をめざすと、生活費を安くすることができます。家賃や食費などは毎日かかりますので、重要です。フィリピン、マレーシアはもうすでに人気で親子留学でも人気です。インドは、大学で留学する方もいるのではないでしょうか。中米にも英語が公用語の国がありますし、東ヨーロッパでは、ポーランドをはじめ、チェコ、ハンガリーでも英語は盛んです。これらの国は、英語圏の先進国の家賃の半額くらいです。また、もう一つの言語がもれなく学べることも利点です。  

2.欧州は、基本的に学費が無料のところが多い

欧州は、生活費が安いというわけにはいきませんが、学費に関しては、基本的に無料のところが多いです。フランス、ドイツ、北欧などは、大学でも無料になります。スイスの大学でも年間10万円くらいの学費です。また、義務教育で、現地校であれば、当然すべての欧州で無料となります。英語圏にこだわらなければ、そして、第2外国語のフランス語、ドイツ語、スウェーデン語、オランダ語を学ぶ意欲があるならば、欧州をめざすのも得策でしょう。  

3.希少価値を身につけることができる

やはり、一般的には、英語を学びたい人が多く、英語圏に流れる人がまだ大多数です。ですので、英語圏を脱出するひとは、いまだ少数派です。ですから、もし英語圏でないところに、留学するならば、希少価値があります。電車でも満員電車の車両に乗り込みますか?または、すいている車両に乗り込みますか?という選択と同じです。希少価値をめざして、英語圏でない国をめざしてみるのもいいかもしれません。   以上の3つが英語圏にこだわらないと、お得な3つのことです。みんながしていることではなくて、少し視点をずらしてみるのも得策かもしれません。また、希少価値もあるので、ぜひ、お得な英語圏以外の国をめざしてみるものお奨めします。

[kanren postid="1050"]

メルマガにご登録いただけますと、最新情報をご案内いたします。登録は無料ですので、お気軽にご登録ください。

親子留学のメルマガ登録はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, ドイツ, 英語教育, オーストラリア

Copyright© 親子留学のおすすめと子供の教育のコツ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.