保護者ビザがとれる親子留学で人気な3つの国

保護者ビザがとれる親子留学で人気のある3つの国の概要とポイントを検討していきたいと思います。保護者ビザがとれる親子留学で人気のある国とは、マレーシア、オーストラリア(ニュージーランド)とカナダ となります。これらの国は、子供に同伴できる保護者ビザ(ガーディアンビザ)が取得できることが特徴です。ハワイやグアムなどは?という、質問があるかと思いますが、アメリカは、親も学生ビザを取得しないと滞在できないので、今回は、保護者ビザがとれる国に絞ってみます。

hogosha-visa

hogosha-visa

 

1.マレーシア

メディアでマレーシアのジョホールバルーが有名になりましたが、マレーシアは日本からも近く、同じアジア国ということで親しみやすいので人気です。現在では、シンガポールに近い、ジョホールバルーや首都のクアラルンプールは物価も住居費も高騰しているようですが、地方都市やペナンあたりでは、まだ費用もおさえて、暮らしやすそうです。インターナショナルスクールもいろいろありますので、調べてみるといいでしょう。東南アジアですので、水や生ものに気を付けないと、胃腸を壊す原因になることもありますが、南国で気候も暖かく、ゆったり過ごしたい親子には、最適かもしれません。マレーシアは子供を二人以上連れて、費用を押さえて長期留学したい方には、向いていると思います。保護者ビザは、子供が二人以上でも取得できます。

 

2.オーストラリア(ニュージーランド)

オーストラリアやニュージーランドは親子留学の大御所です。自然環境に恵まれて、小学生や中学生の留学のはじめの一歩としてもおすすめな地域です。フレンドリーな国民性なので、初めての海外でも躊躇することなく、交わって行けます。また、オーストラリアは、現在、物価が高いので、環境もよく、素晴らしいのですが、長期留学は、費用が高くなります。

ニュージーランドのガーディアンビザは2012年に変更があり、子供2人以上でも取得できるようですが、1年ごとの更新のようです。ビザに関してはよく変更があるので、確認したほうがいいですね。

現在では、オーストラリアも子供2人でガーディアンビザ取得が可能になりました。

3.カナダ

カナダは、子供の滞在期間に合わせて、保護者ビザが取得できます。子供の人数も関係ありません。カナダは将来的にアメリカを目指して、有望な場所です。問題なところは、気候が寒いことです。暖かいところが好きな方は、大変かもしれません。スキーが好きで、寒いところが好きな方は、絶好の場所です。バンクーバーやトロントが有名ですが、東側のアトランティック4州やマニトバ州も穴場です。公立学校や私立学校といろいろありますので、州ごとによく調べてみるといいでしょう。オーストラリアやニュージーランドもそうですが、カナダもワーキングホリデーで日本人がたくさんいらっしゃいますので、また、日本人コミュニティーもありますので、そのサイトからホームステイなども見つけて、カナダに滞在するチャンスをつかむといいと思います。

 

以上が、親子留学で保護者ビザがとれる人気の3つの国となります。まずは、好きな国を選ぶこと、そして、いろいろな面で自分に好都合な国を選択するのが、生活をするにあたって、大切です。環境、食、車に関してなど、毎日の生活が大切です。学校は、学費と照らし合わせて検討しなければいけません。

オーストラリア以外の英語圏を探して世界一周

2016.02.23

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。
オーストラリアに3年間の親子留学ののちに
ドイツベルリンに教育移住。
ドイツや英語圏への親子留学のサポート
をしております。また、お母さんの在り方としての
母親学についても発信中。