ドイツ親子留学で14歳くらいまでに、ドイツ語をはじめるメリットとは?

ドイツ親子留学で、14歳までにドイツ入りをして、ドイツ語をはじめるメリットとは、

将来的に子供の可能性を広げて、絶大な効果があります。

こんな点が、お母さんと子供でドイツ親子留学をお勧めする理由です。

ドイツ語をマスターすることで、ドイツ語圏、ドイツ、スイス、オーストリア地域の大学入学の可能性が広がる

欧州の中でも、ドイツ語は、中心となっていますが、ドイツ語をマスターすることで、

ドイツの大学だけでなく、スイスの大学、オーストリアの大学まで

可能性を広げることができます。

ドイツ企業での就職、または、ドイツ語圏での研究所なども多く、多くの可能性があります。

アメリカのハーバード大学の生徒が、ドイツの大学院に留学していることから考えても

メリットがあるということがわかります。

小学生から14歳までに、英語とドイツ語という多言語を学ぶ脳の神経回路にしておくことで、柔軟な考え方になる!

脳の神経回路から鑑みても、母国語だけでなく、

多言語を学ぶことを小さい頃から慣れて、あたりまえにしておくことで、

柔軟なものの考え方ができるようになります

また、多言語を学んだ方の方が、楽観的な思考ができるとも言われています。

ドイツで博士課程まで終了する道をつくること

ドイツ親子留学から、ドイツでの学歴社会を鑑みて、移民であっても、

移民だからこそ、ドイツの大学の修士課程、博士課程まで進むことが

大事になります。

ドイツ大学入学の18歳、20歳ごろまでに、しっかりと大学入学のための

アビトウアを取得して、ドイツの大学への道に進んでください。

移民、外国人ですので、これからの時代の就職のことも考えて、

理系の学部を選択した方が好ましいです。

まとめ

このような子供の教育環境は、お母さんが早めに気がついて、子供のために

準備してあげることが大切だと考えています。

子供が自ら気がついて、20歳から自力で進むことも大切ですが、

やはり、20歳以降は、少し出遅れた感じも、実際にあります。

しかし、その人によりますので、30歳から頑張ってい進んでいる方もいらっしゃいますので、

そのあたりは、人それぞれで、遅いということはありません。

でも、お母さんが早めに気がついてあげることにこしたことはないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。