土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」にドイツで感動!

ドイツ生活で、土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」に感動しました!

お母さんたち、毎日、夕食つくりで、消耗していませんか?

毎日、大変なら、それは、必要ないですよ!

料理家の土井善晴さんは、こう言っています。

「一汁一菜でよいという提案」より

日常の料理では手を掛ける必要はありません。家庭料理は、本来穏やかで地味なもの。

手をかけたものこそが料理だと思っている人が多い。単純なものを下に見る風潮が料理をする人を苦しめている。

もう、これは、私のために書いてあると、思っちゃいましたね・・今でも、毎日、スープしか作っていないし・・・

テレビなどで、野球選手の奥さんが、数多くの料理を作っているのを見て、あれは、自分ではできないな・・とずっと思っていました。

また、夕食にそんな、旅館の夕食で出てくるような、品数が毎日必要でしょうか??食べ過ぎですよ。

そんなに食べていたら、買い物も大変ですよ。

でも、そういうのが、良い奥さん・・というイメージもありますね。

そして、単純なものを下に見る風潮・・・これは、ズバリ!ですね。いろいろなことにこれはあてはまります。だから、みんなが、大変になるのです。

学校の行事でも、準備でも、なんでもそうではないでしょうか?

そして、栄養が・・・とか、いいますよね・・栄養っていったって・・いくら口からいれても、消化吸収を考えないと・・・

我が家の息子のお弁当は、ドイツで、塩おにぎりです!

我が家は、息子が持って行く、お弁当、ランチも塩おにぎりで、シンプル簡単です。それに、ゆでたまごとサラダを少し加えるだけです。

これは、オーストラリア時代から、ずっとそうです。

塩は、ヒマラヤのピンクソルトです。

毎朝、にぎっていますよ。塩おにぎりは、お昼ごろまでには、発酵するって本当でしょうか??

ドイツには、多くの種類のお米があります!

ドイツには、たくさんの種類のお米があります。

スシライス、ミルヒライス、イタリア系リゾットライス、ジャスミンライス、バスラミライス・・など。(玄米系もあります)

また、ヒエ、キノア、アマランサス、ワイドルライスなどもあり、いろいろ混ぜ合わせることができます。

我が家は、ミルヒライスとジャスミンライスと時々、ヒエ、キノアなどをあわせています。

アジアンショツプでは、オーガニックではないですが、たくさんのお米があり、雑穀(台湾産十穀米)なども売られています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。